FC2ブログ

記事一覧

坐禅箴  「 初心いづれのところに 」



坐禅箴  3 )


しかあるに
近年おろかなる杜撰いはく
功夫坐禅は
胸襟無事なることを得了りぬれば
便ち是れ平穏地なり

この見解、なほ
小乗の学者におよばず
人天乗よりも劣なり
いかでか学仏法の漢といはん
見在大宋国に恁麼の功夫人おほし
祖道の荒蕪かなしむべし

又一類の漢あり
坐禅弁道はこれ
初心晩学の要機なり
かならずしも仏祖の行履にあらず
行も亦禅、坐も亦禅
語黙動静に体安然なり
ただいまの功夫のみに
かかはることなかれ

臨済の余流と称するともがら
おほくこの見解なり
仏法の正命つたはれること
おろそかなるによりて
恁麼道するなり
なにかこれ初心
いづれか初心にあらざる
初心いづれのところにかおく




20191228074339562.jpg



 
正法眼蔵第十二巻は 「坐禅箴(ざぜんしん)」でした


「おろかなる杜撰」とか
「臨済の余流と称するともがら」とか
道元禅師が否定的に指摘せざるをえないのは
何故なのでしょうか


一つの推察はこうです
坐禅(姿勢)は人の営みであるけど
人の次なる進化の形であって
坐禅(姿勢)それ自体は
人とは離れてそれ独自の営み
思考世界をお持ちになってる

それを採用するかしないか
歩みを進める進めないかは
個人の自由に委ねられてる
とは言え
歩みを進めるのはコチラで
坐禅(姿勢)がコチラへ退化して来る
それはないから

こちらが思考世界を変えず
坐禅(姿勢)を取り込もうとしても
何ものも生まない
それは坐禅が一時は隆盛したけど
その後見受けられなくなった
それが証明してるかも

坐禅(姿勢)は社会に対しては
なんら影響力をお持ちでない
一方個人に対しては
千年前もそして今令和の時代でも
いつでも門戸を開いてる
でしょうか






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催



太陽系を超え
銀河の渦を超えて
それが遠くに見える
そんなところから地球地上を見る
同じ時間同じ空間でも
まるでこの世とあの世くらい
離れてる

そこにいて地球大地に
自らの記念塔を建てる
坐禅という記念塔を建てる

この風景全体
これこそ、「 今 」 だと


宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ