FC2ブログ

記事一覧

坐禅箴 「 非思量 」



正法眼蔵第十二 坐禅箴(ざぜんしん)

薬山弘道大師
坐次に有僧問ふ
兀々地思量什麼
師云く、箇の不思量底を思量す
僧云く、不思量底如何思量
師云く、非思量

大師の道
かくの如くなるを証して
兀坐を参学すべし、兀坐正伝すべし
兀坐の仏道に伝れる参究なり
兀々地の思量
ひとつにあらずといへども
薬山の道は其一なり
いはゆる思量箇不思量底なり
思量の皮肉骨髄なるあり
不思量の皮肉骨髄なるあり


201912270746038ee.jpg




正法眼蔵第十二巻は 「坐禅箴(ざぜんしん)」でした

思う・思わない
この対比はすぐ忘れられて
無邪気なものです
深刻なのは「ある思い」が
生体に働きかけて
びくともしない「牢獄」を
現実に作ってしまう所でしょうか


坐禅と言う姿勢は
それ自体が一つの「思考」
であると推測されます

姿勢からある「思考」を
導く事が出来うる、何故ならば
坐禅と言う姿勢それ自体が
一つの「思考」を形成してるから

どんな思考?
それは3D思考でしょうか
3軸空間を表象して何か意味あります
そう問えます

平面(2次元)を認識出来る時
その観察者は空間(3次元)から見てる
と推測されます
空間(3次元)を認識してる時
その観察者はその次元を超え出てる
そう推測されるし
実感においてもそれは証明出来うる
そう推測されるわけです





.


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催



太陽系を超え
銀河の渦を超えて
それが遠くに見える
そんなところから地球地上を見る
同じ時間同じ空間でも
まるでこの世とあの世くらい
離れてる

そこにいて地球大地に
自らの記念塔を建てる
坐禅という記念塔を建てる

この風景全体
これこそ、「 今 」 だと


宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ