FC2ブログ

記事一覧

坐禅儀 「 不染汚の修証なり 」


正法眼蔵「 坐禅儀 」  7)


かくのごとく身心をととのへて
欠気一息あるべし、兀々と坐定して
思量箇不思量底なり
不思量底如何思量
これ非思量なり
これすなはち坐禅の法術なり
坐禅は習禅にはあらず
大安楽の法門なり不染汚の修証なり



2019年12月26日01




正法眼蔵 第十一巻「 坐禅儀 」
ラスト一節でした
坐禅は習禅にはあらず ・・
こう述べられてると言う事は
坐禅が習禅になってしまうが常だから

こちら(私)が色々習い事
研究研鑽せにゃならん、は明確なり
でしょうか

一方坐禅の方はと言うと
それ独自の営みがあられる
こちら(私)から観れば
大安楽の法門なり不染汚の修証なり
でしょうが
それは坐禅には関係ないと言うか
こちら(私)に関わらず歩みを進められてる


千年・二千年スパンで見ても
心身が地表に縛り付けられ
狭い水平思考化して来たと推測されます

坐禅がそれ自体でリアルなのは
それが 「3DレーダーSystem」であるから


不調和の原因
色々あるでしょうが
本来3Dに活動したい思考から
垂直系の世界をBackSpace すれば
そりゃ息苦しく窮屈になるは必定哉と
推論されます

BSアンテナに
ドンピシャな調整あるように
思考世界の3D化には身体の3D化
が伴うであろうと推測されます

身体でキレイな十字を切る
道元禅師の威儀を正す( 坐禅の姿 )は
シンプルな方程式の帰結なのかも、です

クリスマスの頃オリオン座が
美しく南天に輝いています
天文学によらず
天空の星々を夜も昼も
茶の間の天井クロスのよう身近に感じられたら
それはそれだけで
大安楽の法門なり不染汚の修証なり
でしょう事かと





.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


読み上げ(read aloud)はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ