FC2ブログ

記事一覧

坐禅儀 「 坐する法なり 」



正法眼蔵「 坐禅儀 」  4)


坐禅のとき、
袈裟をかくべし、蒲団をしくべし
蒲団は全跏にしくにはあらず
跏趺の半ばよりはうしろにしくなり

しかあれば
累足のしたは坐蓐にあたれり
脊骨のしたは蒲団にてあるなり
これ仏々祖々の坐禅のとき坐する法なり

あるいは半跏趺坐し、あるいは結跏趺坐す
結跏趺坐は、右の足を左の腿の上におく
左の足を右の腿の上におく
足の先、おのおの腿とひとしくすべし
参差なることえざれ

半跏趺坐は
ただ左の足を右の腿の上におくのみなり




2019年12月17日01




------------------------------------------


正法眼蔵 第十一巻「 坐禅儀 」

なにゆえ上記のような
坐法が伝わって来たのでしょう?

本日の仮説はこうです
前稿の試みのようにそれは
「 接地 」の不安定化を意図してる


例えば手足のどこかを
深く傷つけてしまったとします
一カ所がロックされただけで
身体全体が
普段のようには動けなくなります
不愉快な感じを受けます

しかしそれ故に
自由に動きたいと言う衝動
が浮かび上がって来ます
それは普段意識されない形成力
生成展開力ではないだろうかと


お話しは込み入ってます

1.適切な一部の固定化
2.→それ以外の不安定化
3.→自由が働く余地が生まれる


この仮説を逆から読むと
こうでしょうか

何故普段、自由な
生成展開力を発揮出来ないか?

それは
新規展開力は
身体の一部固定化 ( 死?) を
その親とするから

身体の一部固定化と新規展開力は
補色の関係、してるのでは





.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ