FC2ブログ

記事一覧

坐り方の工夫 43


坐り方の工夫 43


鼻で呼吸する者は、自然と神気を保ち
病気になる事が少ない、また長命である
この事はよく考えなさい

口で呼吸する者は、自然と神気をもらす
ゆえに、腎氣が衰え
根気が薄くなり、短命となる


...............................水野南北居士(1760-1834)

20191124083413aa0.jpg


-----------------------------------------------------------




ガチィ! (お辞儀で股関節を加圧)
パリッ! (加圧のまま鳩尾伸ばし、大腰筋張って)
ドンッ! (鳩尾のしこりを垂直放下す)

これをお尻を膝がしらより上げて坐る
坐禅の坐法で行うと、
いかにもォって姿勢が正されます

本日は、その時のお顔の検証


「 舌、上の腭(Agito)に掛けて
  脣歯相つけ目は須らく常に開くべし 」

     ( 普勧坐禅儀 : 道元禅師著 )



舌は、上前歯の裏側の歯ぐき(Agito)
につけとく、とあります
これは「 人中 」(鼻の下~お口の間)
を裏から支える感じでしょうか
そして、お口は閉じるべしと


-----------------------------------------------------------




[ 質問 ]

人中に締まりがある者は、気に締まりがある
と言うのは何故でしょうか。

[ お答え ]

神気を締める時は、六根がその神に従って
一身の門を塞ぐ。これは口を塞ぐに等しい
また、口を塞ぐ時は、自然と人中が締まり
「心気」を締めるに等しい
ゆえに、人中が締まっている者は
心に締まりがある、と言う。
つまり、心が締まらない時は
一国の君主の心が安定しないに等しい
よって、一身の門に締まりが無くなり
六根の臣下が現れ、縦横に働きまわり
ついにはその君を絶やしてしまう
よく考えなさい。

...............................水野南北居士(1760-1834)






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
61歳です。


仙台に御越しの時は
お気軽にお寄り下さい

https://ozigi.info/








正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/










.

最新記事