FC2ブログ

記事一覧

坐り方の工夫 37



坐り方の工夫 37



[ 質問 ]

肩が淋しく観える者がおりますが
あれは何故でしょうか

[ お答え ]

肩の頭は身体の最上部にあたり、常に天を受ける
つまり、肩の頭は、天の陽氣を自然と受ける事が出来る

心が濁る時は、天の陽氣が自然と巡らなくなるため
その身が衰え、肩が淋しく観えるのである

逆に、心が清ければ天陽が心にしたがって
自然に巡るので、その身が栄えて、肩に陽氣が現れるのである

また、肩に陽気がある時は俗に「肩で風を切る」と言って
その当時は順風満帆であると観る

肩の格好(姿勢)が悪い者は運が悪く
肩の格好の良い者は運が良い

この事はよく考え、知るべきである
私の浅い道理を以ってここに示す

......................................
水野南北居士(1760-1834)



2019年11月16日01




------------------------------------


1.お辞儀して
  ガチィっと股関節を押さえる

2.その加圧を保って、鳩尾(みぞおち)を伸ばす

3.大腰筋が張り、鳩尾にTensionがかかる

4.意図的につくりし「しこり」を、真下へ垂直放下する


坐り方の工夫は、この4Actionを継続中でした


これは腰から首までの胴体Area、その工夫かな?
手足と頭が、手付かずかな?


鳩尾のしこり、その垂直放下
このimageは、頭頂・鼻筋をかなり規定するような
真っすぐ上半身が立たざるをえず、になっちゃいます
不自然なくらいな良い姿勢

これを補正する案が
坐禅でも胡坐でも、お尻を膝がしらより上げて坐る
それと「視線を外へ」ではなく
眉間の奥あたりから鳩尾へ向ける
「 視線を身中垂直に立てる 」 でした

肩の検証するはずでしたが、それは次節に ・・



.




コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催



太陽系を超え
銀河の渦を超えて
それが遠くに見える
そんなところから地球地上を見る
同じ時間同じ空間でも
まるでこの世とあの世くらい
離れてる

そこにいて地球大地に
自らの記念塔を建てる
坐禅という記念塔を建てる

この風景全体
これこそ、「 今 」 だと


宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ