FC2ブログ

記事一覧

古仏心 「 蒼地蒼天 」



正法眼蔵「 古仏心 」  8 )


師いはく
牆壁瓦礫いはゆる宗旨は
牆壁瓦礫にむかひて道取する
一進あり、牆壁瓦礫なり

道出する一途あり
牆壁瓦礫の
牆壁瓦礫の許裏に
道著する一退あり

これらの道取の
現成することろの円成十成に
千仞万仞の壁立せり

蒼地蒼天の牆立あり
一片半片の瓦蓋あり
乃大乃小の礫尖あり

かくのごとくあるは
ただ心のみにあらず
すなはちこれ身なり
乃至依正なるべし

しかあれば
作麼生是牆壁瓦礫と
問取すべし道取すべし
答話せんには
古仏心と答取すべし


2019年11月03日01



------------------------------------------------------------------




正法眼蔵第九巻は
「 古仏心 」でした


牆壁瓦礫(ショウヘキガレキ)
とは何なんだろう?

牆(土塀)壁(かべ)瓦(かわら)礫(いしころ)

瓦や石ころ
縄文の土偶や土器なら
幾千年その形を保ちけり
ではその「形」とは何なんだろう
と問えます

土器や土偶を作られた方の
造形の意図 それがその「形」の意味では
そんな推測も可能でしょうか


寿命と言う限られた時間の中で
土をこね固め仏塔建立しようか

それを仏師や芸術家に委託せずに
この身でなす、それが古仏方でしょうか


なんでそんなめんどくさい事するの?です
それは身体に対する
認識の違いからではないか


主は、土の塵で人をつくり
命の息を吹き入れられた人は
生きる者となった          [創世記]


命の息を吹き入れられた人は
生きる者となるけど
その土のお人形は、永遠を生きるとは思えない
やはり、寿命ある哉です

では、どこに永遠性があるのか、そう問えます
その仮説回答は

土の塵で人をつくり、命の息を吹き入れる行為
この積極的創造行為の中に
永遠性があるのでは


威儀を正し静かに坐する

これを(人が)見ても
そう、土の塵で人をつくり
命の息を吹き込まれた「お人形さん」
でしかありません
だから何なの?の世界です

でも、土の塵で人をつくり
命の息を吹き込んでる
本人・私にとってはその「お人形さん」も大事だけど
より尊いのは、その創造・造形行為でしょうか

すると、この仮説の帰着は
威儀坐禅は
「 本人にとってのみ尊い 」 と帰着するのか?です





.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


世界には素晴らしい自然
文化・芸術・音楽があります
その国を訪れたり、その国の方を通して
それに出会うのは、貴重な経験です
もし、その国の方から
「日本の何か、紹介してもらえませんか?」
そう問われた時
10分坐禅会を開催するknow-howがあれば
朝夕の薄明かりの時間に行えば
その場は、あまり明瞭には見えませんので
どんな場所でも
幽玄な古寺の坐禅堂の趣です


坐禅の組み方を習得しそれを伝え
鐘を鳴らして始め、鐘を鳴らし終わる
そこには、何の技量高低もありません
だれでも、開催者になれます


それをどう感じるかは、主催者を含め
その坐禅を経験なされた方々
それぞれ本人に属する事で
他が、どうこう言えるものではありません

それゆえに、世界中の誰にでも紹介出来
それぞれが、己を発揮する貴重な場となります


鐘は仏具店で数千円で購入出来ます
それがあれば、世界中何処を旅しても
要望があれば、誰にでも
日本を代表する「世界の文化遺産」を
紹介出来るわけです
日本で、留学生の方へも紹介出来ます

世界には躍動的で
華やかな文化が多々あります

坐禅という「文化遺産」は
まったく異質な印象を受けます
10分とは言え、全く静寂な時間に佇む
己で己自身の身体を駆使する
これは、情報の嵐に麻痺した現代では
とても新鮮に映るかも知れません。



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ