FC2ブログ

記事一覧

古仏心 「 蒼地蒼天 」



正法眼蔵「 古仏心 」  8 )


師いはく
牆壁瓦礫いはゆる宗旨は
牆壁瓦礫にむかひて道取する
一進あり、牆壁瓦礫なり

道出する一途あり
牆壁瓦礫の
牆壁瓦礫の許裏に
道著する一退あり

これらの道取の
現成することろの円成十成に
千仞万仞の壁立せり

蒼地蒼天の牆立あり
一片半片の瓦蓋あり
乃大乃小の礫尖あり

かくのごとくあるは
ただ心のみにあらず
すなはちこれ身なり
乃至依正なるべし

しかあれば
作麼生是牆壁瓦礫と
問取すべし道取すべし
答話せんには
古仏心と答取すべし


2019年11月03日01



------------------------------------------------------------------




正法眼蔵第九巻は
「 古仏心 」でした


牆壁瓦礫(ショウヘキガレキ)
とは何なんだろう?

牆(土塀)壁(かべ)瓦(かわら)礫(いしころ)

瓦や石ころ
縄文の土偶や土器なら
幾千年その形を保ちけり
ではその「形」とは何なんだろう
と問えます

土器や土偶を作られた方の
造形の意図 それがその「形」の意味では
そんな推測も可能でしょうか


寿命と言う限られた時間の中で
土をこね固め仏塔建立しようか

それを仏師や芸術家に委託せずに
この身でなす、それが古仏方でしょうか


なんでそんなめんどくさい事するの?です
それは身体に対する
認識の違いからではないか


主は、土の塵で人をつくり
命の息を吹き入れられた人は
生きる者となった          [創世記]


命の息を吹き入れられた人は
生きる者となるけど
その土のお人形は、永遠を生きるとは思えない
やはり、寿命ある哉です

では、どこに永遠性があるのか、そう問えます
その仮説回答は

土の塵で人をつくり、命の息を吹き入れる行為
この積極的創造行為の中に
永遠性があるのでは


威儀を正し静かに坐する

これを(人が)見ても
そう、土の塵で人をつくり
命の息を吹き込まれた「お人形さん」
でしかありません
だから何なの?の世界です

でも、土の塵で人をつくり
命の息を吹き込んでる
本人・私にとってはその「お人形さん」も大事だけど
より尊いのは、その創造・造形行為でしょうか

すると、この仮説の帰着は
威儀坐禅は
「 本人にとってのみ尊い 」 と帰着するのか?です





.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ