FC2ブログ

記事一覧

古仏心 「 牆壁瓦礫 」



正法眼蔵「 古仏心 」  6 )


西京光宅寺大証国師は
曹谿の法嗣なり
人帝・天帝おなじく恭敬尊重するところなり
まことに神丹國に見聞まれなるところなり

四代の帝師なるのみにあらず
皇帝みづから車をひきて参内せしむ
いはんやまた帝釈宮の請をえてはるかに上天ず
諸天衆のなかにして帝釈のために説法す

国師、因に僧問ふ
如何にあらんか是れ古仏心
師云く、「 牆壁瓦礫 」

いはゆる問処は
這頭得恁麼といひ
那頭得恁麼といふなり
この道得を挙して問処とせるなり
この問処ひろく古今の道得となれり



Japan 18th–19th century 350


------------------------------------------------------------------


正法眼蔵第九巻は「 古仏心 」でした

古仏心とは、いかなるものでしょうか?
そのAnswerが 「 牆壁瓦礫 」

牆(ショウ・土塀)・壁(ヘキ・かべ)・瓦(ガ・かわら)・礫(レキ・いしころ)

これは心と身体の関係では? これが本日の仮説でした


主は、土の塵で人をつくり
命の息を吹き入れられた人は生きる者となった [創世記]


心と身体は普通ごちゃ混ぜになってる
そんな感じがします

意識と息で
腰→←腹 って二本の矢を
前後に身体の中心貫くと

心 [意識と息] と身体は
ごちゃ混ぜから、それぞれが別物に分離するような、です

心身一如
ごちゃ混ぜの心身一如から
仲良く同居な心身一如へ

その時、身体は土の塵のよう
「 牆壁瓦礫 」(ショウヘキガレキ)のよう
身近でかつ遠くに感じられます








.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ