FC2ブログ

記事一覧

古仏心 「 相 似 」



正法眼蔵「 古仏心 」  5 )


雪峰いはく、趙州古仏
しるべし、趙州たとひ古仏なりとも雪峰もし
古仏の力量を分奉せられざらんは
古仏に奉勧する骨法を
了達しがたからん

いまの行履は
古仏の加被によりて
古仏に参学するには
不答話の功夫あり

いはゆる雪峰老漢、大丈夫なり
古仏の家風および古仏の威儀は
古仏にあらざるには相似ならず
一等ならざるなり

しかあれば
趙州の初中後善を参学して
古仏の寿量を参学すべし

Roman AD 134138


------------------------------------------------------------------


正法眼蔵第九巻は、「 古仏心 」でした


古仏の威儀には
共通点があるのかな?
どうして古仏は、古仏を知りえるのか?

本日の仮説はこうでした
威儀坐禅が苦行や信仰、お仕事ではないはず
能力開発や能力競争でもないはず


主は、土の塵で人をつくり
命の息を吹き入れられた人は、生きる者となった [創世記]

それって、神話の世界の事ですか?
これが普通の感想でしょうか
2019年に威儀坐禅を研鑽するも
回顧趣味ですね、ですが
創世記のお話しは、さらに遠いお話しです

千年前さらに太古の事を、現在進行形で行う
何を行うかと言うと、「 創造行為 」 でしょうか


土の塵で人をつくり、命の息を吹きこむ
人は生きる者となった


常識で判断すると、だから何なの?ですが
これがドエライ事なんだ
これが神業なのだ、そう認識出来る
それが理解出来るところが
古仏の古仏たるところなのかな? です

人の形に息を吹き込まれ
生きる者となった者が、どのように人生を歩むか
これが普通、主眼です まさに人生でしょうか

古仏方は
息を吹き込まれてから、のお話しではなく
能動的に息を吹き込み
土の塵で生きる人を創る
って言う「人以前」の創造行為に関わってらっしゃる

人業じゃなく神業なさってる
ゆえにお名前も 「 古 仏 」 なのかなと





.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催



太陽系を超え
銀河の渦を超えて
それが遠くに見える
そんなところから地球地上を見る
同じ時間同じ空間でも
まるでこの世とあの世くらい
離れてる

そこにいて地球大地に
自らの記念塔を建てる
坐禅という記念塔を建てる

この風景全体
これこそ、「 今 」 だと


宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ