FC2ブログ

記事一覧

一顆の明珠 「 大用現前 」




正法眼蔵「 一顆の明珠 」 20 )



学人如何会得
この道取は
僧の弄業識に
相似せりとも
大用現前是大軌則なり




Yamamoto Baiitsu 0802 1456 700




------------------------------------------------------------------



どのように
学べばいいんでしょうか?
[ 学人如何会得 ]

これは、
切実な問いですね

そのAnswerが

学べるも
学べないも
色々あるけど
一顆の明珠その働きは
今も昔も厳然と機能されてる

[ 大用現前是大軌則なり ]


さて、
この一顆の明珠
その仕様書はいかなるものか?
と言う問いが生まれます


火 =
感動の供儀を性とするか

風 =
送り与える徳を性とせしか

水 =
潔い断念をその性とせしか


これを
静かに坐す威儀坐禅
そこから推測しますと


それらが
みなないと成立しない
のではと、思えてきます


時に対し
新鮮あつき感動
火の如しでなくちゃ!だし

息詰まってると
静坐は苦しき哉です

風があるところ
その見えざる背景に
送り与える徳性が生きてる

ならば息を豊かにはける
そんな明るい気持ちになります

血行不良でも
静かに佇むは苦行なりけり

静脈が
すっ~と戻りけり
水流れしところには
潔い断念が生きておられる
それが実感出来れば

ほんと
静かに佇みしも
火と風と水が飾りし
豊かなる城となりしか
ですね




.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催



太陽系を超え
銀河の渦を超えて
それが遠くに見える
そんなところから地球地上を見る
同じ時間同じ空間でも
まるでこの世とあの世くらい
離れてる

そこにいて地球大地に
自らの記念塔を建てる
坐禅という記念塔を建てる

この風景全体
これこそ、「 今 」 だと


宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ