FC2ブログ

記事一覧

一顆の明珠  「 昼夜に弁道す 」




正法眼蔵「 一顆の明珠 」  1 )



娑婆世界大宋国
福州玄砂山院宗位置大師
法諱「師備」、俗姓者謝なり

在家のそのかみ
釣魚を愛し
舟を南台江にうかべて
もろもろの
つり人にならひけり

不釣自上の金鱗を
不待にもありけん

唐の威通のはじめ
たちまちに出塵をねがふ
舟をすてて山にいる

そのとし
三十歳になりけり

浮世の
あやうきをさとり
仏道の高貴をしりぬ

つひに
雪峰山にのぼりて
真覚大師に参じて
昼夜に弁道す


2019年07月09日01


------------------------------------------------------------------




正法眼蔵 第七巻は
「 一顆の明珠 」でした


玄沙師備禅師(835~908)
の言葉、「 一顆の明珠 」


家庭や職場でも
どんな出会いでも
基本、一顆の明珠な
確固しっかり、やさしく明るい

そんな存在で
ありたいものです


とは言え
いつも何かに追われて
やさしくなれない
それって余裕がないから?
でしょうか

以前、お客様から
ささきはん!
そんな下品言葉使ったら
あきまへんでェ!

これは
ほんとその通りで
言葉に品なきは
余裕なき故なりですね


品や余裕など
競争社会では意味なき哉
とも言えますが

実際は
どうなんでしょう?
ですね





.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
青葉坐禅堂



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

090-7325-5711 佐々木正巳 まで










.

最新記事

カテゴリ