FC2ブログ

記事一覧

行佛威儀 「 葛藤窠 」


正法眼蔵「 行佛威儀 」  97 )


しかあればすなはち
三世の諸佛は
三世に法をとかれ

三世の法は
三世に諸佛にとかるるなり

葛藤窠の
風前に剪断する
亙天のみあり




Kano Naonobu 20190707 1235_InPixio





------------------------------------------------------------------




静かに坐してみる
実際、そうしてみると
嵐が吹き荒れてる
って 実感します

ほとんどは
ばかな事してもうた
な、慙愧後悔の嵐哉
ですね

静に坐してみると
葛藤窠の風前に
立たされているよう
です

そこで
じっと立ってなきゃ
でしょうか
巻き込まれずに
平然と立ってられる


さて、
生理的現象
そこから見ますと

知覚や思考
脳-脊髄系諸情報
それらは松果体を前哨とし
生体へリンクをはらんとしてる
でしょうか

一方
体内器官の
膨大なる運営情報は
いちいち知覚されしは
混乱を招くは必定ゆえに

交感神経が
脳下垂体を前哨とし
その output をせき止めて
らっしゃる


頭の中心で
情報の in-out
真逆な最前基地が
緊張対峙なさってる



さて
潔しな
積極的断念
これで魂の嵐へ
立ち向かおうか!
とするなら、
それの生理的対応物
それはどうなるんでしょう?

と言う問いです


知覚や思考
脳-脊髄系情報は
松果体を前哨として

生体とくに
血液へとその影響
及ぼさんとす、ならば

内へ流れんとす
その流れをして
鏡の如く反射せしめん
でしょうか


両目は in を
司りそうらえど
その間にありし眉間
それは鏡の如く反射放下す


潔しな
積極的断念
これで魂の嵐へ
立ち向かおう!

その実際が
「 眉間は鏡の如し 」
でしょうか

断念とは鏡の如く
「 返品する事 」 なんですか

だから
神器なんですか?
ですね




.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ