FC2ブログ

記事一覧

行佛威儀  「 通塞明明 」




正法眼蔵「 行佛威儀 」  25 )


しるべし
生死は佛道の行履なり
生死は佛家の調度なり

使也要使なり
明也明得なり

ゆゑに佛は
この通塞に明明なり
この要使に得得なり

この生死の際に
くらからん
たれかなんぢを
なんぢといはん




Utagawa Hiroshige 1217 1507 700





------------------------------------------------------------------------



この一節を読むに
分けわからん事、こ難しい事
道元禅師はおっしゃってる
そう感じるのは
率直な所でしょうか


一方、表題はと言うと
正法眼蔵「 行佛威儀 」の巻

威儀を正して
シャンとせんとねッ!
て至極Simpleです


では、威儀を正すって
どう言う事だろう?
と言う問いですね



「押し」 と 「引き」
どっちから手をつけるか?
お仕事の進め方の違い哉
でしょうか


スポーツ全般・運動全般
これらを仮に
押しの体育とすると
道元禅師の「威儀」は
引きの体育と言えるかも?
ですね

例えば、畏敬の念
スポーツや運動に
それはゼロとは言わんけど
必須要件ではないよな
一方
「 威儀 」 に於いては
畏敬に似たりな念は
なきゃ成立せんがな
でしょうか

骨格・筋肉・呼吸・血行
これらを駆使して
身体末端の血液を
心臓(中心)へと戻そう!
その基本トーンとしての
畏敬の念に似たりな念

行き着いたもんが
身を引く事で
身体の外周は
新鮮な血液を得る事可となる

指先爪先すべての皮膚
その刷新・新生は
役目を終えた動脈が
自ら身を引くと言う
能動的な 「 Si 」に
かかってる

「  中心へ滅し、 円周より生ず  」 
これは能動的行為なんですか?
ですね









.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ