FC2ブログ

記事一覧

行佛威儀 「 爲身法 」




正法眼蔵「 行佛威儀 」  10 )



ここに
爲法身あり
爲身法あり
不惜身命あり
但惜身命あり

法のために
法をすつるのみにあらず
心のために
法をすつる威儀ありは
無量なること
わするべからず

佛量を拈来して
大道を測量し
度量すべからず


Kano Naonobu 1213 1256 3





------------------------------------------------------------------



冷たく
ひえ固まっちゃう

春彼岸を過ぎれば
それも
緩みけりでしょうか


息をはきながら
姿勢十字の交差点へ
心身を鎮める

「緩む」は
拡散のimageですが
虫メガネで
火を起こすが如く
集約して熱にして火にして
緩みへ戻そうかァ!
でしょうか







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催



かつて馬祖 baso の会 e に参じてとふ
「 如何是仏 nyoga-zebutu 」と
馬祖いはく
「 即心是仏 sokusin-zebutu 」と
法常このことばをききて
言下大悟 gonka-taigo す




法常禅師 Ho-zyo zenzi が
馬祖 baso 禅師の坐禅道場で
静かにお坐りになられてる
傍目にそのお姿は、静止してて
水面静まりけり、死人のように見えます
その死んだ水面に、天地が語りかけます
陽光星辰は一瞬も滞らず、その歌を奏でます

法常禅師はある時
馬祖禅師にご質問なされた
「 仏とは、どのようなものですか 」

馬祖禅師が答えます
「 坐禅においては、心が仏となります 」






宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )










.

最新記事

カテゴリ