FC2ブログ

記事一覧

摩訶般若波羅蜜 「 常に遠離せず 」


Katsushika Hokusai 1226 1518


尸、若し
善男子善女人等
是の如くの
をなさば
甚深般若波羅蜜多
守護すべし

若し善男子善女人等
所の如くなさば
甚深般若波羅蜜多
常に遠離せず

まさに知るべし
一切人非人等
其の便を伺求して
損害を爲さんと欲んに
終に得ること能はじ






------------------------------------------



正法眼蔵「摩訶般若波羅蜜」 10 )

甚深般若波羅蜜多をなさば
甚深般若波羅蜜多が
あなたを守って下さる

なんのこっですか?ですね

道元禅師がおられる13世紀
すでに仏教伝来から
幾百年も経ってる
世の俊英達が寄ってたかって
人生かけて研究なさるけん
そりゃ仏道やのうて
緻密な仏教学になってもうた

ちゃうちゃう
そんな話し
してるんやのうて
甚深般若波羅蜜多も
観自在も敬礼も空の如しも

坐禅ちゅ
身体スキームに付随する
生きた理念なんや
さぁ、坐禅しよか!
是が道元禅師の論旨ですね


お寺行かんでも
静かに坐禅の形するんは
さすがに会社では無理ですが
お家でなら工夫次第で
何とかなっかも、ですね

腰を立て威儀を正し
手腕脇で円相をなす
これも↑なれるには時間いるんで
PCしながら
テレビ見ながらでも
形に親しむのは
エエこっでしょうか

なんせ
この身体スキームが
それを為す方を守護する
守って下さるって事ですから

神仏ですら
この形をなすもんは守護せんと
メーカー保証外って
どぉ言うこぉ?てなりますが
その形自体が保証けん
そん形するもんへは
如何人といえど
損害を与える事がでけん

損害を与える事
出来るわけにゃーと

なしてか?

坐禅人がなした敬礼畏敬は
一切は「空の如し」ゆえ
受取人不在で御本人へ帰って来る

しっかし
その行きの「敬礼畏敬」と
帰りの「敬礼畏敬」は
変容を遂げちょる

どのよに
変容して帰ってくっか
天球蒼穹の全方位へと
放射されし「敬礼畏敬」は
受取人を探して
蒼穹天球のはしはしまで
一瞬で旅する巡る

途中受取人がおれば
そぉはならんでしょうが
如何せん「空の如し」なんで
受取人は何処にもおらん

結果、端々まで行って
そしてお戻りなさるけど
この坐禅人が
発した敬礼畏敬はその道中
天球が天球己自身を照らす
その光・正法眼蔵に
身をさらす事になろうかと
そぉ
天球の正法眼蔵を経験なさる

天球森羅万象が
天球森羅万象自身を観自在する
天球も己自身を観てる

この光を受けた経験を携え
坐禅人が発した敬礼畏敬は
坐禅人へと帰って来る


一個人の観自在の光に
森羅万象偏在の観自在の光
正法眼蔵が助っ人なさる

そりゃ負けるわけない
て、方程式ですね

とは言え皆々みんな
自分で自分を観てる
そりゃ当然でしょ!て問いは
当然正当ですね

そぉ、
それでも道元禅師が
さぁ、坐禅しよか!て
連呼するのは

一個人の観自在力は弱いけん
森羅万象も森羅万象自身の
内面を照らす光を駆使してる

そん大本、正法眼蔵と提携
パートナーシップば結んで
共に力強ォ!豊かになろうォ!
て、
やさしきお心から
述べておられる
そんな感じが致しますね






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


世界には素晴らしい自然
文化・芸術・音楽があります
その国を訪れたり、その国の方を通して
それに出会うのは、貴重な経験です
もし、その国の方から
「日本の何か、紹介してもらえませんか?」
そう問われた時
10分坐禅会を開催するknow-howがあれば
朝夕の薄明かりの時間に行えば
その場は、あまり明瞭には見えませんので
どんな場所でも
幽玄な古寺の坐禅堂の趣です


坐禅の組み方を習得しそれを伝え
鐘を鳴らして始め、鐘を鳴らし終わる
そこには、何の技量高低もありません
だれでも、開催者になれます


それをどう感じるかは、主催者を含め
その坐禅を経験なされた方々
それぞれ本人に属する事で
他が、どうこう言えるものではありません

それゆえに、世界中の誰にでも紹介出来
それぞれが、己を発揮する貴重な場となります


鐘は仏具店で数千円で購入出来ます
それがあれば、世界中何処を旅しても
要望があれば、誰にでも
日本を代表する「世界の文化遺産」を
紹介出来るわけです
日本で、留学生の方へも紹介出来ます

世界には躍動的で
華やかな文化が多々あります

坐禅という「文化遺産」は
まったく異質な印象を受けます
10分とは言え、全く静寂な時間に佇む
己で己自身の身体を駆使する
これは、情報の嵐に麻痺した現代では
とても新鮮に映るかも知れません。



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ