FC2ブログ

記事一覧

弁道話  「 参学の願はんに 」


Utagawa Hiroshige 1217 1613


また釈教の
三千界にひろまること
わづかに二千余年の前後なり
刹土のしなじななる
かならずしも
仁智のくににあらず
人またかならずしも
利智聡明のみあらんや

しかあれども
如来の正法もとより
不思議の大功徳力をそなへて
ときいたれば
その刹土にひろまる
人まさに正信修行すれば
利鈍をわかず
としく得道するなり


わが朝は
仁智のくににあらず
人に知解おろかなりとして
仏法を会すべからずと
おもふことなかれ
いはんや人みな
般若の正種ゆたかなり
ただ承当することまれに
受用することいまだしきならし

さきの問答往来し
賓主相交すること
みだりがはし
いくばくか
花なき空に
花をなさしむる
しかあれども、このくに
坐禅辨道におきて
いまだその宗旨伝はれず
知らんと志ざさんもの
かなしむべし。

このゆえに
いささか異域の見聞をあつめ
明師の真訣をしるしとどめて
参学の願はんに聞こえんとす
 
このほか、叢林の規範
および寺院の格式
いましめすにいとまあらず
又草々にすべからず





------------------------------------------------------



正法眼蔵 「 弁道話 」  62 )



坐禅は、音楽的建築哉

力学的構造物て点では
身体で創る建築物

筋肉系・呼吸系・血流系
これらを求心調和せしめて
呼吸&血行の中に
音楽性を発露せしめる

手腕脇で創る円相構造と
その音楽性の発露は
相互連動なんで
坐禅は、音楽的建築哉と

この建築は見る建築
中に入る建築にあらず
自らが建てる建築なんで

知っても分かっても
「 花なき空に、花をなさしむる 」
なんも出てこんわにゃ、と

自らが建て自らが奏でる
楽しいけど楽ではにゃい
楽ではないけど、楽しいのがええにゃ!
て言う
主体性発揮系の方には、朗報だと

「 知らんと志ざさんもの、かなしむべし 」

そういった方には
いい情報なくて悲しいんで

「 明師の真訣をしるしとどめて
  参学の願はんに聞こえんとす 」

私が学んだ事を発信せんと
でしょうか





.


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


世界には素晴らしい自然
文化・芸術・音楽があります
その国を訪れたり、その国の方を通して
それに出会うのは、貴重な経験です
もし、その国の方から
「日本の何か、紹介してもらえませんか?」
そう問われた時
10分坐禅会を開催するknow-howがあれば
朝夕の薄明かりの時間に行えば
その場は、あまり明瞭には見えませんので
どんな場所でも
幽玄な古寺の坐禅堂の趣です


坐禅の組み方を習得しそれを伝え
鐘を鳴らして始め、鐘を鳴らし終わる
そこには、何の技量高低もありません
だれでも、開催者になれます


それをどう感じるかは、主催者を含め
その坐禅を経験なされた方々
それぞれ本人に属する事で
他が、どうこう言えるものではありません

それゆえに、世界中の誰にでも紹介出来
それぞれが、己を発揮する貴重な場となります


鐘は仏具店で数千円で購入出来ます
それがあれば、世界中何処を旅しても
要望があれば、誰にでも
日本を代表する「世界の文化遺産」を
紹介出来るわけです
日本で、留学生の方へも紹介出来ます

世界には躍動的で
華やかな文化が多々あります

坐禅という「文化遺産」は
まったく異質な印象を受けます
10分とは言え、全く静寂な時間に佇む
己で己自身の身体を駆使する
これは、情報の嵐に麻痺した現代では
とても新鮮に映るかも知れません。



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ