FC2ブログ

記事一覧

弁道話 「 水中の月なり 」


Utagawa Hiroshige 1128 0400



正法眼蔵 「 弁道話 」  37 )



しめしていはく、しるべし
仏家には、教の殊劣を対論することなく
法の浅深をえらばず、ただし修行の真偽をしるべし
草華山水にひかれて仏道に流入することありき
土石沙礫をにぎりて仏印を稟持することあり
いはんや広大の文字は万象にあまりてなほゆたかなり
転大法輪、又 一塵にをさまれり

しかあればすなはち
即心即仏の言葉、なほこれ水中の月なり
即坐成仏のむね、さらに又かがみのうちのかげなり
ことばのたくみにかかはるべからず

いま直証菩提の修行をすすむるに
仏祖単伝の妙道をしめして
真実の道人とならしめんとなり



--------------------------------------------------------



綺麗な言葉に感動しても
確かにドエライ感動かもしれんけど
しばらくすれば忘れてしまう
自分は何ら変わっちょらん
美辞麗句に惑わされる事なく
地道真実の修行をなされよ、
でしょうか


こん身体の主になろう!
坐禅は瞑想にあらず
只、神妙にその形をするのみで
特殊な心理状態を目指すにあらず
何気、駅のホームに佇むが如しで
しょうか

ささきはんが坐禅の先生ですか?
て、がっかりされる事があります
トンデモ立派な方が先生になる
そのよな先入観あるゆえ
でしょうか
坐禅は先生になどつかんでも
誰でも出来る
小学生でもバス停で佇む事
習らんでも出来るが如しでしょうか

問題は、3分5分は出来ても
20分30分となると怪しくなる
まず、目を閉じてしまう
ぼやっとしてしまう、身体が窮屈になる

目を普通にあけて
五感も普段とかわらず
家へ帰って穏やかに坐す如し

なして↑こんな単純な事が
出来んのか?

そぉ、私達はこの自分の身体を
己の指揮下においてるわけじゃない

なして使いこなせんのやろ?







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


西の空へ落ち、消え行くお日様
The sun falls into the western sky
and disappears

そして新たな力携え、東の空から登る
The next morning, with new strength,
it emerges from the eastern sky.

釈尊が伝えし坐禅の形
The Form of Zazen Passed Down
by the Buddha

西の空へ、太陽が消え落ちるように
坐禅の骨格の中へ落ち、消えゆく
To the western sky,
as the sun disappears
Falling into the skeleton of zazen
and disappearing

そこは、新たな力を受け取るところ
It's where we receive new power.




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ