FC2ブログ

記事一覧

正法眼蔵 弁道話 18


2018年10月23日01



正法眼蔵 「 弁道話 」 

18 )


これらの等正覚、さらにかへりて
したしく あひ冥資するみち
かよふがゆえに、この坐禅人
確爾として身心脱落し
従来雑穢の知見思量を截断して
天真の仏法に証会し

あまねく微塵際
そこばくの諸仏如来の道場ごとに
仏事を助発し
ひろく仏向上の機にかうぶらしめてよく仏向上の法を激揚す


---------------------------------




「知見思量の截断(せつだん)」

截[セツ]、訓読みが[たつ・きる]
「ズバリとたちきる」の意

頭いたぁ!頭いてぃゃなぁ 
よくある事ですね
お仕事してれば当然ですし
日常の人対人でもエッ!てな事は
頻繁に起こり候ですね

まっそれはそれ、致し方なし
信長殿が本能寺にて
明智光秀の急襲を知り
「是非に及ばず。」

なんで、ほぉ~なるのォ!
とは言わんかった
後世の創作如何を問わず
武将らしい対処言動だなぁ、ですね

是非に及ばず
起こった事は致し方なしと
ぐだぐだ言わん

そして、これで終わると
単なる精神論になってもぉ
ですね

台風暴風域にいる時は
耐えるしかありゃへんけんど
いずれ野分も過ぎにけり
そぉ、
佐々木君には佐々木君の
次になすべき事があるでしょ?
ですね

生身の身体、その末端まで
指先まで気脈を通す
身体の造形姿勢の創造
そん仕事があるじゃないか
ですね

様々なお薬でもやもやを払拭する
その一手もありですが
道元禅師推奨のお薬は
やりがいのあるお仕事すれば
そんなこぉ、吹っ飛んでしまうがな
これですね




.







コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催



かつて馬祖 baso の会 e に参じてとふ
「 如何是仏 nyoga-zebutu 」と
馬祖いはく
「 即心是仏 sokusin-zebutu 」と
法常このことばをききて
言下大悟 gonka-taigo す




法常禅師 Ho-zyo zenzi が
馬祖 baso 禅師の坐禅道場で
静かにお坐りになられてる
傍目にそのお姿は、静止してて
水面静まりけり、死人のように見えます
その死んだ水面に、天地が語りかけます
陽光星辰は一瞬も滞らず、その歌を奏でます

法常禅師はある時
馬祖禅師にご質問なされた
「 仏とは、どのようなものですか 」

馬祖禅師が答えます
「 坐禅においては、心が仏となります 」






宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )










.

最新記事

カテゴリ