FC2ブログ

記事一覧

正法眼蔵 弁道話 その10

2018年10月13日13



正法眼蔵「弁道話」 

10)

 曰く、大師釈尊
 霊山会上にして法を迦葉につけ
 祖祖正伝して菩提達磨尊者にいたる
 尊者みづから神丹国におもむき
 法を慧可大師につけき
 これ東地の仏法伝来のはじめなり
 かくのごとく単伝して
 おのづから六祖 大鑑禅師にいたる
 このとき、真実の仏法
 まさに東漢に流演して
 節目にかかはらぬ宗あらはれき

 ときに六祖に二位の神足ありき
 南嶽の懐譲と青原の行思となり
 ともに仏印を伝持して
 おなじく人天の導師なり
 その二派の流通するによく五門ひらけたり
 いはゆる法眼宗、潙仰宗、曹洞宗、雲門宗、臨済宗なり
 見在、大宋には臨済宗のみ天下にあまねし
 五家ことなれども、ただ一仏心印なり
 大宋国も後漢よりこのかた、教籍あとをたれて
 一天にしけりといへども
 雌雄いまださだめざりき

 祖師西来ののち、直に葛藤の根源をきり、
 純一の仏法ひろまれり
 わがくにも又しかあらん事をこひねがふべし



---------------------------------


特異な神秘体験・独自の世界観であれば
その伝承・皇位継承と言うものが
あっても不思議ではありません

しかし、自分以外の人の心は
究極、「推測」の域を越えられない
という厳然とした事実は否定しえないと言えます

すると、習慣風俗伝統上の
宗教宗派的統一体は在りえても
宗教の根幹をなす「信仰」の
その同一性の証明は土台無理で
そうならば、その伝承などありえない
と言う事は通常の悟性で推測されます

無理な事をしているので
宗教宗派の雌雄が決する事はなく
葛藤が止む事もなし、これもまた
さもありなんでしょうか、至極当然と言えます


では、道元禅師が提示する
釈尊からめんめんと継承されて来た
「純一の仏法」とは何なのか? と言う疑問です。

それは、神・すくい等の
通常イメージ上の宗教観は一切なく
二千年前も、たぶん二千年後もそうであろう
「自分の事は、自分で律して行こう」
と言う宿題の着手、でしょうか

人間は身体と心魂から成ってる
いや、そうではなく
人は、身体と心魂そして
精神から構成されてる
心魂の力で身体を律する事は
その力関係上無理で

身体を律する事 = 姿勢を正す
= 坐禅をしようとしたら
力関係上、身体を律する力を持った
精神(深層の自我)を起動するしかない
姿勢を正す事(坐禅)が
即イコール精神(深層の自我・主体性)
の発露育成となる

各人を守護するその主体性は
万人一人残さず有している
その発露育成、これをもって
釈尊からめんめんと継承されて来た
「純一の仏法」がそれである
と言う道元禅師の論旨は
現代通常の悟性で判断しても
確かにそれは万人が共有できる
「純一の仏法」であると
十分に理解可能なお話しですね






.


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


世界には素晴らしい自然
文化・芸術・音楽があります
その国を訪れたり、その国の方を通して
それに出会うのは、貴重な経験です
もし、その国の方から
「日本の何か、紹介してもらえませんか?」
そう問われた時
10分坐禅会を開催するknow-howがあれば
朝夕の薄明かりの時間に行えば
その場は、あまり明瞭には見えませんので
どんな場所でも
幽玄な古寺の坐禅堂の趣です


坐禅の組み方を習得しそれを伝え
鐘を鳴らして始め、鐘を鳴らし終わる
そこには、何の技量高低もありません
だれでも、開催者になれます


それをどう感じるかは、主催者を含め
その坐禅を経験なされた方々
それぞれ本人に属する事で
他が、どうこう言えるものではありません

それゆえに、世界中の誰にでも紹介出来
それぞれが、己を発揮する貴重な場となります


鐘は仏具店で数千円で購入出来ます
それがあれば、世界中何処を旅しても
要望があれば、誰にでも
日本を代表する「世界の文化遺産」を
紹介出来るわけです
日本で、留学生の方へも紹介出来ます

世界には躍動的で
華やかな文化が多々あります

坐禅という「文化遺産」は
まったく異質な印象を受けます
10分とは言え、全く静寂な時間に佇む
己で己自身の身体を駆使する
これは、情報の嵐に麻痺した現代では
とても新鮮に映るかも知れません。



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ