FC2ブログ

記事一覧

正法眼蔵 弁道話 その7

2018年10月13日09



正法眼蔵「弁道話」 

7)

しかあるに
弘通のこころを放下せん
激揚のときをまつゆえに
しばらく雲遊萍寄して
まさに先哲の風をきこえんとす
ただし、
おのづから名利にかかはらず
道念をさきとせん
真実の参学あらんか。


---------------------------------



正法眼蔵のスタートは
帰国後4年目の1231年、道元禅師31歳の時です

 「弘法衆生をおもひとせり」

人々(衆生)のためになる
この教育プログラム(坐禅)を広めよう

この思いで帰国したけれど
道元禅師ご自身がお世話になった
既存の教育プログラム(比叡山・天台宗)が
既に400年の時を刻んでいる


  「弘通のこころを放下せん」


この法・坐禅を中心とした
教育プログラムの普及は
断念せざるをえない致し方なし、であると

あるシステムが
百年スパンで継続すれば
精神の拠り所、プライド
上下人間関係を超え、衣食住収入の在り方
そう、多くの方の人生そのもの
それが寄り添うようになるでしょうか


道元禅師に悪意はなくても
結果的には
多くの人々に根本的変革を迫るものであり
とても容認されうるものではなかった

この背景の中から
正法眼蔵と言うレポート
これだけは後世へ残しておこう

このレポート(正法眼蔵)は、
歴史の表層に出る事を想定して
始められたものでなく、初めから
貴重な地下水脈として構想された
と言えます

  「激揚のときをまつゆえに」

激(強くつき動かす)・揚(声をはりあげる)
そのような時を待って、
先人達が目立たぬよう精進したように
私も道念堅固を貫こう! ですね。


   「真実の参学あらんか」


そして、道元禅師の「道念」とは
姿勢(坐禅)を形つくる、身体を掌握する
己の形姿を主導する「主体性」
それをどこまでも発揮して行こう!
と言う風に、
とてもシンプルな実生活上の対応物 ( 坐禅 ) を
いつも有しているわけです。







コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


世界には素晴らしい自然
文化・芸術・音楽があります
その国を訪れたり、その国の方を通して
それに出会うのは、貴重な経験です
もし、その国の方から
「日本の何か、紹介してもらえませんか?」
そう問われた時
10分坐禅会を開催するknow-howがあれば
朝夕の薄明かりの時間に行えば
その場は、あまり明瞭には見えませんので
どんな場所でも
幽玄な古寺の坐禅堂の趣です


坐禅の組み方を習得しそれを伝え
鐘を鳴らして始め、鐘を鳴らし終わる
そこには、何の技量高低もありません
だれでも、開催者になれます


それをどう感じるかは、主催者を含め
その坐禅を経験なされた方々
それぞれ本人に属する事で
他が、どうこう言えるものではありません

それゆえに、世界中の誰にでも紹介出来
それぞれが、己を発揮する貴重な場となります


鐘は仏具店で数千円で購入出来ます
それがあれば、世界中何処を旅しても
要望があれば、誰にでも
日本を代表する「世界の文化遺産」を
紹介出来るわけです
日本で、留学生の方へも紹介出来ます

世界には躍動的で
華やかな文化が多々あります

坐禅という「文化遺産」は
まったく異質な印象を受けます
10分とは言え、全く静寂な時間に佇む
己で己自身の身体を駆使する
これは、情報の嵐に麻痺した現代では
とても新鮮に映るかも知れません。



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ