FC2ブログ

記事一覧

2018年08月02日03






お疲れ様ですっ!

8月2日 木曜日
如何お過ごしでしょうか?

UPお写真は只今、と申しますか
取り組んでみよきゃ?
て、作成中の
ショート英文&江戸絵でぎゃんした

ささきはんっ
教材屋さん始めるん?

はァ、個人的にゃ
今更他国語習得ちても
どぉちゅるん? desuga
ショート英文は
頭ん体操には大そうエエでぎゃんしょきゃ

商売ぬきにして
商品化してみよか desune

伝意伝達んためん言語やのぉて
自己との対話んため
言葉の解釈体操でぎゃんしょか


You’ll never find a rainbow
if you’re looking down.


直訳は、
うつむいちょったら、虹はんは見えんぎゃにゃ

これが体操ににゃると ・・

looking downきゃ? seeとlookん違いは
seeは目に入って来た
lookん本意は目を向ける、でぎゃんすか
ちゅうとlooking downは
「下へ目ば向けちょったら」

是が↑Chaplin はんのおちゃめなトコすか

普通は受動的に下を向かされちょる
一方、
Chaplinはんは
己の意志で下ばご覧遊ばしてたん?

だからして
下向いちょってても、おもろない! 
上向いて虹はんめでよか!
て転じるこぉでける


じゃなちて、意志を発揮せんと
受動的に「下を向かされる」チュ
事態になってもうのか?

これはdownに由来せし、でがんすか
downの「d」のニュアンス
これは、水さんの動きを現すと
動きであって、水そのものは「w」のニュアンス desuka


水滴はんがポトンと落ち申した(動き)
down・drip・drink

もう落ちてもぉーた
そっから過去形の「d」も派生候でぎゃんしょきゃ

水滴が地に落ちてもた
そっから「d」には、底とか固定のニュアンスも
いで申そうきゃ desune

固定する創設するのfound の「d」とか


ここで着目せしは
「d」の固定化の心でぎゃんしょきゃ
よぉ聞くトコの過去は変えりゃれん!とか
しっかし事件は済んだけんど
そん影響はちゃっかり継続してはる

過去に拘束されてもぉ desune


しゃてしゃて、姿勢のご研究でがす

「 腰を大地に埋め  頭で天を衝く 」

是は澤木興道と言う禅僧の言葉でぎゃんしょきゃ

上半分はまっさに 「d」 固定化の流れ
しかし意図意志でするけん
受け身で「されちゃう」
じゃのて「する・なす」でぎゃんしょきゃ

下半分は
固定化は受け身ですっと、(カタマリ)化だけんど
意志でなすと
固定化をテコにしてバネにして
逆に
(カタマリ)ってても始まりゃんがなァ!
ってテンション上がり候でぎゃんす

なんで、頭で天を衝く、こん衝動が出て来ると

すっきり
何気に立つ坐る、ただ是だけんこっやけど

こりゃSimple理けんど
(カタマリ)化ば脱し
羽ばたこォ~チュ試みけん

数千年来坐禅ば尊びし祖師方
なきゃなきゃ粋なお遊び、なはってたんにゃ
desune






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催



かつて馬祖 baso の会 e に参じてとふ
「 如何是仏 nyoga-zebutu 」と
馬祖いはく
「 即心是仏 sokusin-zebutu 」と
法常このことばをききて
言下大悟 gonka-taigo す




法常禅師 Ho-zyo zenzi が
馬祖 baso 禅師の坐禅道場で
静かにお坐りになられてる
傍目にそのお姿は、静止してて
水面静まりけり、死人のように見えます
その死んだ水面に、天地が語りかけます
陽光星辰は一瞬も滞らず、その歌を奏でます

法常禅師はある時
馬祖禅師にご質問なされた
「 仏とは、どのようなものですか 」

馬祖禅師が答えます
「 坐禅においては、心が仏となります 」






宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )










.

最新記事

カテゴリ