FC2ブログ

記事一覧

遠距離恋愛っ! 2

2018年06月16日01



お疲れ様ですっ!

6月16日 土曜日
如何お過ごしでしょうか?

しゃて、先日考察し
道元禅師の御歌
「波も引き
 風もつながぬ捨小舟 
 月こそ夜半のさかり成けり」

こん御歌は、
静かにimageすっと
「冷暖」仲良ぉ
お茶!なはってるよな

見捨てられちゃった
ちゅうんと
温こぉ~照らされちょる
こん真逆んモンが
混ずる事なく同席なはってる


洞山良介禅師(807~869)
が残せし宝鏡三昧の一節には

「銀椀に雪を盛り
 明月に鷺(ro)をかくす
 類して等しからず、
 混ずる時んば処を知る」

Silverなお椀に
雪ば盛ったら
お月様ん前ばぁ
ろぉ(しらさぎ)が飛んでたら
そりゃ見分けが付かんぎゃな
な風景でぎゃんすね
ちゅっても
そこで「処を知る」そぉ
一見百見混然一色やけど
こころの眼では
そん二色(二処)ば感得せんとぉ!
ちゅ内容でがんしょか


そぉsuka。
チュもんですが
こん御教示は日常には
どぉ適用されるん? desune

0=+1(混じぇる)−1
左辺は0けん
なんともない、別にぃ
てな感じでしょうか
と申せどそん0は
ちょ真逆な二人で奏でちょる

自然に自然体で
ありのままに、とか是は
一見引き込まれそぉなる
標語でぎゃんす
じゃけんどどんなモン
でっしゃろ
ぼやっと自然体でおったら
ぐちゃぐちゃなってもぉ!
じゃないきゃと

0は自然体は
真逆2音の和音じゃけん
つよぉ!おますんどす
是が洞山禅師の伝えよぉ
したかった処なんじゃ
なきゃとね? desune

肩甲骨外側と
ろっ骨をつなぐ
前鋸筋はん
Areaとしてはほんに
小さな場所すが
神妙こころば澄まし
きっち張ろきゃ!sune

こん感じは、きゅって
身を縮める←てな感じも
出ますが、一歩進めて
身体から離れる←こんな感じも
せん事なきゃっと desu


身体から離れる
是は身体はんからすっと
見捨てられたぁ!
でもあり
せっせっした!
まっいずれんせ
身体はんが、心魂&精神と
「距離ばおく!」
チュ積極的行為ぎゃ
前鋸筋はんの張りかと

でぇ、そん行為は
ほそ長呼気ばハッスルけん
そん息が、
離れし身体を見守る
愛の息吹?にせんとねっ!
でしょか


一つの行為で
(前鋸筋の張りで)
距離ば置く
是と
お月様んよぉ慈光ばはっす
こん二つん事
一緒にすんべか! desune







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


世界には素晴らしい自然
文化・芸術・音楽があります
その国を訪れたり、その国の方を通して
それに出会うのは、貴重な経験です
もし、その国の方から
「日本の何か、紹介してもらえませんか?」
そう問われた時
10分坐禅会を開催するknow-howがあれば
朝夕の薄明かりの時間に行えば
その場は、あまり明瞭には見えませんので
どんな場所でも
幽玄な古寺の坐禅堂の趣です


坐禅の組み方を習得しそれを伝え
鐘を鳴らして始め、鐘を鳴らし終わる
そこには、何の技量高低もありません
だれでも、開催者になれます


それをどう感じるかは、主催者を含め
その坐禅を経験なされた方々
それぞれ本人に属する事で
他が、どうこう言えるものではありません

それゆえに、世界中の誰にでも紹介出来
それぞれが、己を発揮する貴重な場となります


鐘は仏具店で数千円で購入出来ます
それがあれば、世界中何処を旅しても
要望があれば、誰にでも
日本を代表する「世界の文化遺産」を
紹介出来るわけです
日本で、留学生の方へも紹介出来ます

世界には躍動的で
華やかな文化が多々あります

坐禅という「文化遺産」は
まったく異質な印象を受けます
10分とは言え、全く静寂な時間に佇む
己で己自身の身体を駆使する
これは、情報の嵐に麻痺した現代では
とても新鮮に映るかも知れません。



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ