FC2ブログ

記事一覧

アポロンの竪琴

2018年03月08日05_InPixio



お疲れ様ですっ!

3月18日 日曜日
如何お過ごしでしょうか?

只今早朝4時
ここ大分・杵築は気温1度
山の上は別にして
たまたまお住まいのこちら
九州では一番ちゃむい
とこ?
だったかしらん? desune

しゃて、こん忙しき現代社会にあって
のんびりゆったり
姿勢・坐禅のご研究
ここんとこは、めっきり筋肉さん達と語らう日々

あa~ a、どんどん
ずれてくnya~ ですね

今年年末には60歳
になろうかっちゅうトコ
ですが、こん方向で行ったら
いずれ高校生みたいん
身体になってまうがな、ですね

若い人とは遠く隔たっとる
同世代とも違和感ありゅ

いにしえ人を友とし
天を敬う ・・ すか
desune

普通に現代社会生きちょる
そんな方から見っと
ささきはんは、
救えんやっちゃにゃ desune
まっ精神いじょとまでは
言わんけんど かたよった
へんなヤっチャ desune

一方、
脳はそん一部しか使われちょらん
その別バージョンで
身体に幾百もある諸筋肉
それもほんの一部しか使われちょらん
トータルに使えんもんじゃろか
て、試行錯誤しちょるモンから見ると
現代社会の普通の潮流生活は
脳の一部&感覚器官の一部
それのみを集中的に使いし生活で
年齢と共に基礎代謝が減ってく
って?
研究室で脳って「いち筋肉」only使ってて
他の筋肉使わんかった方の
自己報告なんじゃねっ?
そんな風にも違う方向から見っと
観れん事もなしでがんすか


そう、私が本腰入れて
こん研究ばお仕事感覚で
厳粛始めたんは、49ん時だっちゃ
desune

出会いは20ん時やすが
本気んなったんはそん時から

何故かある朝洗面所で鏡見て
愕然ちてもうた
こりゃしっかりオンちゃん顔
やでぇ!
はいっ、しまりがにゃ~お顔に
びっくりちちゃった
どうにかせんとばいィ sune

いにしえギリシャの方は
背骨ん事を
「アポロンの竪琴」ちゅうてた

あっ、知識としては
たぶん20代には知っちょってた
でもそれって脳の一部
身体ん中では脳っチュ
ほんの一部の筋肉使って
知っちょってた

いにしえギリシャの方は
ほんとうに背骨の諸筋から
それば知っちょってた

こりゃ
どぉ~にかせんとォばい!
てな歩みが始まりし
でがんすね。





.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


世界には素晴らしい自然
文化・芸術・音楽があります
その国を訪れたり、その国の方を通して
それに出会うのは、貴重な経験です
もし、その国の方から
「日本の何か、紹介してもらえませんか?」
そう問われた時
10分坐禅会を開催するknow-howがあれば
朝夕の薄明かりの時間に行えば
その場は、あまり明瞭には見えませんので
どんな場所でも
幽玄な古寺の坐禅堂の趣です


坐禅の組み方を習得しそれを伝え
鐘を鳴らして始め、鐘を鳴らし終わる
そこには、何の技量高低もありません
だれでも、開催者になれます


それをどう感じるかは、主催者を含め
その坐禅を経験なされた方々
それぞれ本人に属する事で
他が、どうこう言えるものではありません

それゆえに、世界中の誰にでも紹介出来
それぞれが、己を発揮する貴重な場となります


鐘は仏具店で数千円で購入出来ます
それがあれば、世界中何処を旅しても
要望があれば、誰にでも
日本を代表する「世界の文化遺産」を
紹介出来るわけです
日本で、留学生の方へも紹介出来ます

世界には躍動的で
華やかな文化が多々あります

坐禅という「文化遺産」は
まったく異質な印象を受けます
10分とは言え、全く静寂な時間に佇む
己で己自身の身体を駆使する
これは、情報の嵐に麻痺した現代では
とても新鮮に映るかも知れません。



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ