FC2ブログ

記事一覧

「3方向の綱引き」 しよかぁ  ②

2018年03月12日06



お疲れ様ですっ!

「3方向の綱引き」 しよかぁ
その②でがんした。

仙骨・尾てい骨はん
上から吊るされちょる
吊るされて宙に浮いちょる

何すかそんびぃゃかなimage
ささきはんには、
付き合いきれんわぁ
てなもんですが、

糸で吊るすちゅうと
ピンとこんどすぎゃ
バネで吊るす?ちゅうと
大腰筋・外腹斜筋はん
ある程度育っちょれば
そこに張力あるけん
「ばね計り」ん下に重みば
付ける下げるチュimageも
ありきゃにゃ、desune

医学知見では
「起始・停止」は
そう押さえと押しは
大殿筋及び外腹斜筋はん
共にろっ骨側が押さえ
股関節側が伸ばし引っ張り
そうなっちょる

こりゃ、身体中心中央に位置す
大腰筋・外腹斜筋はん達が
下のもんば上へと
引っ張り上げる、そん方向で
進化展開して来た?
ちゅう事やないけ、desune


でもなちて
仙骨・尾てい骨を
吊り上げる宙に浮く
そのイメージがばかげたモン
にしか感じられんよぉ
なったんか?

数万年数千年そう進化して来た
けんど
いかんせんこの幾百年
体感感受表象の中心が
知的に頭ん方、そう上へ
移ってもうた ・・

そん前わっちゅうと
腰には上へ上がろぉベクトル
効いちょる
一方それに対し
地球はんの方は行かんといて
て、下方へベクトル

2018年03月13日 (4)


そん対峙拮抗で
お互いがお互い奮起させて
腰んあたりは華やか振るわい
をあらわしちょってた
で、
こん幾百年一気に
頭ん方へ遷都してもうた
腰を宙に浮かすような
大腰筋はんの活動も
地球はんの下方ベクトル
その意図はたらく
大殿筋はんの活動も
関心されんけん
こりゃええYぃ!よろしく
お昼寝してもうたと

で、次に何が起きたか
腰腹Areaでの
大殿筋はんと
そん上にある大腰筋・外腹斜筋はん
そん切磋琢磨で
ろっ骨んとこまで
活況を呈す

呼吸関連筋も
何するねん!テンションで
元気に起床す
=楽に息してた
それだけでええ感じやった

こん流れシステムが
眠りこんでもうた、dehyoka

まっ、今は寝ておっても
何千年も何万年も
元気に進化して来たケン
粘り強ぉ~起こせば
また元気に腰んまわりで
運動会始めなはるやろォ!


何があっても
息しとるだけで楽しいけん
まっ、ええかぁ
チュ余裕も生まれるきゃも
sune







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


世界には素晴らしい自然
文化・芸術・音楽があります
その国を訪れたり、その国の方を通して
それに出会うのは、貴重な経験です
もし、その国の方から
「日本の何か、紹介してもらえませんか?」
そう問われた時
10分坐禅会を開催するknow-howがあれば
朝夕の薄明かりの時間に行えば
その場は、あまり明瞭には見えませんので
どんな場所でも
幽玄な古寺の坐禅堂の趣です


坐禅の組み方を習得しそれを伝え
鐘を鳴らして始め、鐘を鳴らし終わる
そこには、何の技量高低もありません
だれでも、開催者になれます


それをどう感じるかは、主催者を含め
その坐禅を経験なされた方々
それぞれ本人に属する事で
他が、どうこう言えるものではありません

それゆえに、世界中の誰にでも紹介出来
それぞれが、己を発揮する貴重な場となります


鐘は仏具店で数千円で購入出来ます
それがあれば、世界中何処を旅しても
要望があれば、誰にでも
日本を代表する「世界の文化遺産」を
紹介出来るわけです
日本で、留学生の方へも紹介出来ます

世界には躍動的で
華やかな文化が多々あります

坐禅という「文化遺産」は
まったく異質な印象を受けます
10分とは言え、全く静寂な時間に佇む
己で己自身の身体を駆使する
これは、情報の嵐に麻痺した現代では
とても新鮮に映るかも知れません。



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ