FC2ブログ

記事一覧

胸に「羽根」はえちょるん?

DSC01136520.jpg


お疲れ様ですっ!

乗っけから
けちも何ですが、
ささきはん、何すか?
こん表題はっ?

はッ!ちゅうもんです ne
ろっ骨に羽根はえちょる?
て、昨夜のお酒ぬけとらん
きゃもです


外腹斜筋の図
何気見ちょりますと
そん向きは斜め上・後方
まるで鳥さんの羽根のよう


0210.jpg




なしてその向きで
そこに在るんか?

筋肉の形成以前に
そう筋肉を形成する
無色透明?な
形成力線が走ってた
働いておった
今も働いておるから
でっしゃろか?

こりゃ、今窓んお外は
春先冬なごりな雪はん
舞うております。

あん一つをパッと
とっつかまえて
顕微鏡で見れれば
そりゃ、どこんデザイナーが
ドローしたんや
美し&すきなきゃ!でんぎゃな

ありゃ、あんH2Oん中に
遺伝子が事前組み込まれてて
そう体現なはった、ん?
それとも、外からの
何らかの形成力線が
水の中で自分を開示した?
どっちねん! ですね。




外腹斜筋がこう走っちょる
そん形成力線ば放っちょるんは
誰なん?
そう、ろっ骨を斜め上へ
引っ張っちょるモン居るはずやと


ところで、ささきはんっ?
外腹斜筋!〃!って
それが張ると奏でるとォ
何かエエ事があるん can ?


はぁ!そこ何ですが ・ ・
tabun
首・喉の息詰まりを
眉間下までお上がり頂く
是と相乗効果してるトコ
それも、あるかと思いますが 、

眉間下を一点とし
左右ろっ骨下部を二点とし
そう三角形を描く
眉間下に心を鎮める
これが求心集約力となり
下部ろっ骨2点を引き上げる

左右ろっ骨下部~仙骨area
そこにラインてる外腹斜筋が
反発収縮する=張る

すると
そん上にある「前鋸筋(ぜんきょきん)」はん
俄然、何やねんっ!クレームるッ。


前鋸筋はんの上端しは
肩甲骨けん、肩甲骨はんは
自然と下がる・落ち着く

どんなモン何か?
諸芸所競技、肩が力んでて
エエ事あるとは、思えんし



それより何より
肩ん力抜けるちゅうか
肩甲骨が落ち着くんは、
なんか胸が楽っ~なるで
がんすね

胸が楽っ~なると
人生ちゅうか時々刻々
今があかりゅうなるでんな


ささきはん、一人が
明りゅうなろが・なるまいが
どうでもエエこっけど

私が暗い顔ちて
街歩いてるよりバカみたいに
明りゅうしてるは、
まっ、ええんじゃne! すね。







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


世界には素晴らしい自然
文化・芸術・音楽があります
その国を訪れたり、その国の方を通して
それに出会うのは、貴重な経験です
もし、その国の方から
「日本の何か、紹介してもらえませんか?」
そう問われた時
10分坐禅会を開催するknow-howがあれば
朝夕の薄明かりの時間に行えば
その場は、あまり明瞭には見えませんので
どんな場所でも
幽玄な古寺の坐禅堂の趣です


坐禅の組み方を習得しそれを伝え
鐘を鳴らして始め、鐘を鳴らし終わる
そこには、何の技量高低もありません
だれでも、開催者になれます


それをどう感じるかは、主催者を含め
その坐禅を経験なされた方々
それぞれ本人に属する事で
他が、どうこう言えるものではありません

それゆえに、世界中の誰にでも紹介出来
それぞれが、己を発揮する貴重な場となります


鐘は仏具店で数千円で購入出来ます
それがあれば、世界中何処を旅しても
要望があれば、誰にでも
日本を代表する「世界の文化遺産」を
紹介出来るわけです
日本で、留学生の方へも紹介出来ます

世界には躍動的で
華やかな文化が多々あります

坐禅という「文化遺産」は
まったく異質な印象を受けます
10分とは言え、全く静寂な時間に佇む
己で己自身の身体を駆使する
これは、情報の嵐に麻痺した現代では
とても新鮮に映るかも知れません。



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ