FC2ブログ

記事一覧

お疲れ様ですっ!

12月30日 土曜日
如何お過ごしでしょうか?

仙台は、透き通りし青空
淡強き朝麗明でェござした。

DSC00924.jpg


年末モードけんど、こち寅はんは
御修行一歩を今日も行く哉ァ! っすね

冬ん寒さ静寂は、
聖夜ちゅうくらいで神聖なるモン
イメージするにはエエ季節どすなぁ

しゃて、imageチュもんは
各人各位が、内面でなすもんでっしゃろか
勝手に思もうちょる とも言えますが
そん方自分が「取り入れた」チュ事は
ドエライこっすね

九度九度あまた述べしな、こんブログでござるが
ささきはんが、
そん内面で勝手思うちょるんねぇ。て、
アハハぁ!でござる。

しっかしコリャ、世紀のドアホから
偉大なる精神お持ちな方まで、皆ほうでしょうか
皆が内面お持ちになっちょる
只、取り入れしモンがチョとちゃうと

しゃて、↑これは何チュ事なき文章
ささきはん、何だっちゅうん? こん忙し年末にぃ
てなもんですが ・・
文章ば読んで、あったり前やんっ! て読めても、
ここから離れ
日常にて自分も&人様も、そのように「知覚」しちょっとか?
ちゅうたら、こりゃ怪しいもんどす
文章理解と日常知覚に乖離がRッ!


どうちて自分の評価は、いまいちなんじゃろ? 
とか
なしてこんドアホは、それが分からん? 
とか
メダルもろうて大喜びィ!  見る方は見ちょるッ! 
とか

全員各位、独自の内面所持所有しちょっと 
そりゃ通信はするじゃろが、交わるこっなかとね
なしてそれなんに、他を気にするん?

この?は畢竟、
孤独なんてにゃ!評価なんてにゃ!
チュ極論も、視野へ入り申すか

もともと孤独けん、ちゅうより
孤独の反対が無いけん孤独もにゃ~と

今生に生きてる以上
肉体を基盤にしちょるけん
皮膚で囲まれしそん内側ば見るしかにゃ、と

クローズやさかい「個」たりえるん、でっしゃろか

しゃて、愚駄〃述べ候も他でもあらへん
クローズを、そう「壁」ば取るとそりゃ恐ろしかa!
チュお話し、そん続きでござる。

カミソリ四刀流にて指先から、ちぃさん引きなはる
こりゃ、冷静に感得すっと
壁が消えるに似たり哉、っすね

時系列的に検証すっと
「大腰筋の張り」ばぁイヤッちゅう位
修練してから取り掛かった  (カミソリ四刀流に)
ココ↑大事鴨っ!

壁が消える、ほぼイコール
上下左右四方虚無が広がる
こん時、自己ば保持でけっか、立ってられっか?

「大腰筋の張り」があればこその
立ってられる!
そうなんじゃなきゃとねっ? すね。


でぇ~よう筋の張りと
指先からまっとう力が引きなはる
こりゃ、
リンク因果条件関係をば成しちょるのね、ですね

坐禅・仏像はんがしちょる法界定印。←こりゃ指先に力あったら、
でける代物に非ずっすね

坐禅・仏像はんが法界定印しちょる
こりゃ、壁とっぱらっても、上下四方虚無におかれても
自らばァ立っする事がでける
にゃんで、そん姿は、王坐の如しと



DSC00927.jpg



こん「王」は対臣民国民に非ず
己に対し「王」でRッ!
自分が自分へ対し主導権ばお持ちになられちょるッ!
てな風景趣構造カラクリ、なんきゃな? すっね 。







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


世界には素晴らしい自然
文化・芸術・音楽があります
その国を訪れたり、その国の方を通して
それに出会うのは、貴重な経験です
もし、その国の方から
「日本の何か、紹介してもらえませんか?」
そう問われた時
10分坐禅会を開催するknow-howがあれば
朝夕の薄明かりの時間に行えば
その場は、あまり明瞭には見えませんので
どんな場所でも
幽玄な古寺の坐禅堂の趣です


坐禅の組み方を習得しそれを伝え
鐘を鳴らして始め、鐘を鳴らし終わる
そこには、何の技量高低もありません
だれでも、開催者になれます


それをどう感じるかは、主催者を含め
その坐禅を経験なされた方々
それぞれ本人に属する事で
他が、どうこう言えるものではありません

それゆえに、世界中の誰にでも紹介出来
それぞれが、己を発揮する貴重な場となります


鐘は仏具店で数千円で購入出来ます
それがあれば、世界中何処を旅しても
要望があれば、誰にでも
日本を代表する「世界の文化遺産」を
紹介出来るわけです
日本で、留学生の方へも紹介出来ます

世界には躍動的で
華やかな文化が多々あります

坐禅という「文化遺産」は
まったく異質な印象を受けます
10分とは言え、全く静寂な時間に佇む
己で己自身の身体を駆使する
これは、情報の嵐に麻痺した現代では
とても新鮮に映るかも知れません。



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ