FC2ブログ

記事一覧

お疲れ様ですっ!

12月19日 火曜日
如何お過ごしでしょうか?

今は、避難先確保
チュ任務も解かれ
終戦後の帰還兵みたいなもん? 
でしょうか。

研究テーマが日輪の如し
二十歳ん風景と何ら変わらず
なんで、色々転変ちても
ご本人は、いつも夏休み後半
あァ~宿題なんとかせんと ・・
頭痛ぁにゃ~ ですね。

しゃて、今年最大の変化
ガッチ腿の根元に重みかけ
胸先で逆に引っ張る!
この「綱引き」を身体センターで
開催するぞぉ~!
そしてそれが派生して
指先を神妙にするって。

こうして2017年、年末に至れり。
て。

昨日は何とのう歌いたくなり候。
カラオケちょぴぃっと致せど
下手さんは相変わらずでがんすね。

ただ、音程感ゼロやね
そう苦笑せし後ふと思い浮かびしが
自分どんぴしゃの「音程」
これがあるんじゃねっ?て Idea。

大腰筋を吉ぃ張ると
たぶん、呼吸系筋もガチィ起動。
息止めてたら内圧高圧になり
どっかブチ切れてまうがな
そんな流れで息で逃がすわけすが

指先の空洞低圧ば
受け皿いき先として確保ちて
どう息を送るか ・・
そうそれが歌だとちたら、どんな音程?
是が昨日の?


へたっぴカラオケは脇置いといて
自分に合った音程って
どんなかにゃ~ ?
て、ちょぴぃっと調整してみっと
やさしい感じになるでがんすね

外に発声しよか。ちゅうと
何かブレちゃう無理しちゃう
けんど
内へ発声しよか。ちゅうと
ちょと心澄まさんとえけんけど
音程は自分にとってエエ音程は
つかめるでがんすね。


こりゃ↑どう言うこっなんか?
です。

重力波ちゅうモン在る鴨
てな推察仮説立て
色々試行検証してみる

それと同じように
輪廻転生・受肉・鏡像
そんなモン在るんじゃろうか?
てな思考検証作業すね。


対外対人は置いちょいて
対「己が身体」ってすると
伝える音程は、
対自分の方がとりやすい。



AX-021-03.jpg



この身体にどんな音程送り込むか
そこんとこ、よろしくっ!

そう、身体は私達ん前にあるん?
て思えて来ます。


一人カラオケ、ちゅうか
一人からおけBox。
こん中にどんな音程の声出そか?

Uぅ~n、↑こん試行空間は
やっぱ、受肉あるいは鏡像チュ
発想ん可能性ば取り入れんと
目まぐるしく外ばチェックしちょる日常
そん延長線上からは出てこんすね。



ちゅうても
カラオケ屋さん行けば
お金もかかるこっちゃし
機械に合わせて歌うたっちょると
あァ~音痴やなァって
がっかりするけん
お金も掛からず声も枯れず
ちょっと調整すっとエエ感じィ?
そうなれる一人カラオケボックスも
わりゅ~ないかもっ! ですね。






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ