FC2ブログ

記事一覧

お疲れ様ですっ!

12月14日 木曜日
如何お過ごしでしょうか?

日本の夏っ!金鳥のNatuっ!
近くで蝉さん鳴きにけり。
そん真逆でござるすね
日本の冬ッ!炬燵なHuyuっ!
外気はひと桁なり。

あったこうなされ下されませっ!


はい、レポートは「四刀流」から
「足首のfree感」へ、そこまででした。


昨日はふと「大智禅師発願文」
そん中の
剣樹刀山(けんじゅとうざん)の上
チュ言葉が浮かびけりでした。
「四刀流」のお稽古そんまんまですね

「四刀流」お稽古
そりゃそんなこっしちょれば
「引く」やけん、足首かるっ~なるは
当然なんすが ・・
是が一旦熟考を離れ日常生活始まると
その「切れ」がぼやける。

そんなすっとぼけ
いつも保持続けられんけん
当然ちゅえば当然なんすが ・・

「足首のfree感」を担保確定してるんは
剣樹刀山の上におるって
明瞭な意識なんだにゃ~って
再確認すね

「四刀流」のお稽古が
そのものズバリぃ「剣樹刀山の上」
そこに立ってる!
そう変化せざるをえんすか
こんままでは、切れが甘いけん


あっ、切れが甘い/切れがある。
これは「足首のfree感」に
穏やか呼気がリンクするけん
すぐ分かるでごわす

d1b791c6cc2ddf9044ea69c34342af4c.jpg


それにしても何です。
「四刀流」にしろ
「剣樹刀山の上」にしろ
ささきはん、何か物騒なお話しやね
てなもんです。
こりゃ↑どう言うこぉ? です。

考えられるんは、
「恐れ」と「畏れ」は紙一重
ちゅうか
最悪なもんが最上級なもんになる
ちゅうか
「される」とハチャメチャぐじゃぐじゃ
「する」と麗明清廉な趣

前向きに対峙すると
身の毛もよだつ恐ろしかモンが
守護神へ化けなさる。

なんて書き進んで来ましたら
聖書ん中の禅問答みたいな一句
あなた達は
私を踏み歩くことになるでひょ

神仏は仏壇神棚におられるん
ちゃうん?ですね
キリスト教文化圏はどうなんでしょ

そう言や「踏み絵」
ちゅもんがあったよな、です。
何か恐ろしかお話しですが
上記文脈適用すっと
事実は意識とは真逆なんかも?

B7JFq2WIEAAS68p.jpg


神仏は足下で
私達を浄化せしめるん鴨
そんな考えも浮かんで来ます。

まっ、信仰話しは別にして
姿勢ばどう構築すっか?チュ
現実話しでも
足先からの戻り静脈が明瞭で
なきゃんと
上、胸・呼吸・頭・気分は
如何ともにゃらん

恐ろしかもん
頭で受けるとドエライこっちゃ
それが
足首で受けると
真逆にドエライこっちゃ
になぁ~る

是は実験検証でけるすね。







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ