FC2ブログ

記事一覧

DSC00815 (2)


お疲れ様ですっ!

11月25日 土曜日
如何お過ごしでしょうか?

大分国東は杵築の町
本日は4℃~14℃、お天気は曇り。
昨日は市営温泉にて
齢八十六の大先輩とご挨拶
湯船から上がるんに大仕事でごじゃる
幾人か私も含め見っちょってて
すぐにでも駆けつけんべのスタンス
まずは大丈夫じゃろう ちゅうこって
気にしちょりましたが
なごう時間格闘でごじゃり申した。

今年は二月に二週間ほど
老人施設でお手伝い
そん時も目の当たり致しましたが
起き上がる・立つ・歩く
それだけでもドエライ格闘でした

今自分がしちょります姿勢の研究
そん時そん状況とは、
やはり関連性感ぜずですが
人生の初めと終わりの大仕事が
おんなじ事だにゃ~ でごじゃんすね。


朝日と夕日みたいに
ほぼ同じでニュアンスはちょとちゃうけど

人生の初めと終わりに
ほぼ本能的にする事ば
人生半ばに意識的にすんべか
ちゅう試みやさい、こりゃこん研究は
人気のでん事はとょ~ぜんや ne て。
シンミリとも致そうなれど

「立てただけで素晴らしい」
こりゃ社会チュみな人生半ばん方で
構成されちょる集まりには
縁薄きモンにチョと感じるだけで
じっつは、そん道半ばん時も
根幹の気分ば決する重要案件であるに
一歩もかわっちょらん、とちゃうん?
でしょか。



しゃて、昨日の検証報告。
いつもん是ですが ↓

06_2017112511525423d.jpg

ももん付け根にガチィんと
重みば掛ける。そのまま胸を上げる。
この感じが、「どすをさす」「どすでさす」
ちゅう日常感覚では感ぜんイメージ
それでやんした。
時代劇でもアクション映画でも
役者はんば指導されちょるコーチが
おられるんでっしゃろが
指導・練習せん事には刃物ば使うは
手に持たされても 眺めては
はぁ~どう使うん? てな展開かと

で、ガチぃ重み&引きで感じた
「どすでさす」感じは
短刀を身に寄せ一体にして
そのまま体当たりで「どすでさした」
そんな感じ。←よぉ~経験もしちょらん事
見て来たような事おっしゃりまんなぁ!

エへへッ、ちゅうもんで
こりゃ映画か写真か以前見たモンの感じの
追体験追認に似たり、でしょうか


そうそ、その感じの感じなんすが
わりぃ~感じはせんですね
的をいた、ちゅうか、当たりっ!て感じィ?


04_201711251152561c4.jpg



こんな ↑神話んよう
雄大な感覚ではごじゃらんけんど
短剣とはいえ、がつんとさせる ・ ・
ちゅうんは、何か気がはっきり致しやすね。








.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ