FC2ブログ

記事一覧

04_20170912093737ca4.jpg


お疲れ様ですっ!

9月12日 火曜日
如何お過ごしでしょうか?

本日は、24-29℃
まだまだ夏の気温にて
服装は、
さほどかわらず「夜長月」
でがんした。

さて、昨日は
長々書き進めちょるうちに
胸中に「那智の滝」ば現す
てな表現発想が出で申した


これは、思えば現ずる
なカラクリちゅえば
ほぉーですが
それがリアルに表れるには

身体表現? ちゅうか
身体に反映されちょらんと
ただ頭で思っただけで
なんもピンとこん
になっちゃうすね


一日、検証してみてもん
大腿骨の小転子&水落ち
そん間に張られちょります
大腰筋はん、チュ弦が
よぉー張っちょらんと
「那智の滝」はんは
流れてくれへん
でしょか


1.前傾がキープされちょる
2.その戻しで真っ直ぐしちょる
3.身体表現が先で意味付けが後


ざっと
書き出しまするに
こんな感じ
おッ、何か禅ぽいにゃーです ne


3.が禅の特徴特質
と言う事が、でけるかも
でしょうか

とは、申すものの
禅僧の方々が 
身体が調えば実物が現ずれば
どんずまりでは、
意味は問わんちゅう
教育大方針ば
おとりになった

是が、禅が衰退消滅した
理由かも知れんですね

とっくに
近代科学思考が根底に
あるであろう現代人に
最後のどんずまりで
意味を問わずは、
そりゃないわな 
そうなるんはさも当然
でしょうね

胸中に那智の滝あり
胸がすぅーッてする
これは生理現象としても
わりぃ~もんじゃない

ほしてコリャ
静脈がお元気に
御帰還なさっちょる
ちゅうことであり
中心へ静まり
ほして転じて周辺(動脈)が
今度は活気づく

こんスキームが
自然生成の根幹構造じゃ
ちゅうのが
シュタイナー先生の言う
インド・東洋的修法の刷新
でしょうか











.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ