FC2ブログ

記事一覧

taikann1_201709080826510ba.png


お疲れ様ですっ!

9月8日金曜日
如何お過ごしでしょうか?

今朝、初めて見た
部屋の光は きゃんぜんに
季節は移り申したてごじゃる
そんな朝の光で
ごじゃり申した

この反対対照をなすのが
五月の連休の頃感じます
おッ! 夏の元気な光が
戻って来たジャン!
な、感動でしょうか

熊本へ来て二か月
ちょっと足を延ばせば
雄大なる阿蘇の風景
奥へ行けば
ほとんど加計呂麻な
天草の海
うっつくしきであろうな
ところは、いっぱい在るんに
何か気も進まず
お部屋で背筋ば、もとい
大腰筋ば伸ばしてる
てな、これじゃまるで
ミャンマーの僧院へ
住んじょるが如し
で、ごじゃりんこだにゃ~
です。

人と人とが向きおうてて
こん方は
本当にその方と
向き合っちょる、チュしーんと
向き合うどころか
まったく見ようとしちょらん
と、ちゃうん?
て疑問におもう時もあり
でしょうか

ほんして自分ば振り返れば
今自分は、時の深みを
感じちょるんかなぁ~
時の深みに歩み寄ろう!て
前傾しちょるかなぁ~ て
疑念が湧いて
来ますですね


7月~7月
前一年
加計呂麻島におりやした
きっかけちゅえば
昨年二月に渡連集落の
ココナッツハウスさんチュ
ペンションで感じた
圧倒的静寂、夜の深さ
時間はこんなにも深いんですか
だったにゃ~ です


今の住生活は
一日車が走り去る音が
途切れることも
ごじゃらん
事務所へ行けば
それなりに次々
アリャコリャあり申す

しっかし何です
おおうるさい居酒屋さんでも
相手の話しに
真摯耳ば傾けるこったぁー
でけるんだから
どんなうるしゃ~環境
いたからッちゅうて
この時がお持ちになられる
圧倒的静寂驚異的深さに
耳ば澄ますことが
でけんッちゅうのは
私の怠慢なんとちゃうん?

落ち着いて思考せば
ほぉーやわね です ne

10人のお話しば
同時に聞き取る
それって、と申しますか
10人が同時に話す寄合いって
どんなメンツが揃ったん?
て苦笑しちゃいますが
お皿とお料理
グラスとお酒
二品ば同時に見るこっは
普通で、
ごじゃりますもんね

街の音
人のお声
それと同時に
どっこにでもあろう
時がお持ちになられる
圧倒的静寂驚異的深みば

同時に聞かんと

です ne












.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


世界には素晴らしい自然
文化・芸術・音楽があります
その国を訪れたり、その国の方を通して
それに出会うのは、貴重な経験です
もし、その国の方から
「日本の何か、紹介してもらえませんか?」
そう問われた時
10分坐禅会を開催するknow-howがあれば
朝夕の薄明かりの時間に行えば
その場は、あまり明瞭には見えませんので
どんな場所でも
幽玄な古寺の坐禅堂の趣です


坐禅の組み方を習得しそれを伝え
鐘を鳴らして始め、鐘を鳴らし終わる
そこには、何の技量高低もありません
だれでも、開催者になれます


それをどう感じるかは、主催者を含め
その坐禅を経験なされた方々
それぞれ本人に属する事で
他が、どうこう言えるものではありません

それゆえに、世界中の誰にでも紹介出来
それぞれが、己を発揮する貴重な場となります


鐘は仏具店で数千円で購入出来ます
それがあれば、世界中何処を旅しても
要望があれば、誰にでも
日本を代表する「世界の文化遺産」を
紹介出来るわけです
日本で、留学生の方へも紹介出来ます

世界には躍動的で
華やかな文化が多々あります

坐禅という「文化遺産」は
まったく異質な印象を受けます
10分とは言え、全く静寂な時間に佇む
己で己自身の身体を駆使する
これは、情報の嵐に麻痺した現代では
とても新鮮に映るかも知れません。



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ