FC2ブログ

記事一覧

DSC001092.jpg




お疲れ様ですっ!

8月27日 日曜日
如何お過ごしでしょうか?

八月も月末が近づきにけり
でがんす ne

やっぱ、土日は
のんびり読書がでけて
なによりでごわす

この週末は、
Elasticity [ 弾性 ]ばご思考でした
ある所まで行くと戻るチュ
単純な現象ですが
これを徹頭徹尾思考しよか!

てな、ささきはんは
やっぱ変りもんでごわそーか
です ne

私の場合なして
こん思考が大事かと
申しますと、
大きく思考ば広げるには
極小に思考ば集約すれば
それは反発してそん逆
そう、極大へと至る
チュ、Elasticity [ 弾性 ]ば
トレースすんべか
なんですね

大腿骨の小転子
左右の足の付け根
そこへ前傾姿勢で重みをかける
そん状態のまま
水落ちをのばす
すると毎度のお話しですが
大腰筋が張りテンションが
出で申そう、です

それで背骨ば立てるわけですが
弓の弧の一方の端
「水落ち」が、
まっ明確になるわけです。

なんか体操と申しますか
身体動作ばしようとする時
その場所が意識できる
コリャ大事かも知れませんね
でないと
イメージを送りこむ所が
ぼやけてしまう

明確に体感できる「水落ち」
そこは、胸のあたり
となるでごわすか
そこへどこまでも
気を静めていく
i n g な極小化 ですか

これを呼気でなせば
ほりゃいつまでも
吐いてばかりはおれんので
そりゃいつか吸うがな
でしょうか


ささきはんッ!
そりゃ当たり前ッやがなッ!
チュえば
ほぉーなんですが ・・


たとえば鉛筆で
チョピっと「点」を書いた
ちゅうか置いた。
まっ、目に見える大きさとは言え
小さいちゅえば小さい
それを
気を静めるッちゅコマンドで
その点をどんどん小そうしてく

これはイメージだけですると
ピンとこんですが
息を合わせますと
存外でけるもんす ne

中心へ消え入り
もっとも外周よりいずる

これは、↑ 一つの術?
と言えば術でしょうが
この術は恣意的な思考から
つくられしモンと違い

天体の生死を模倣しちょる
ちゅうところが味噌でござるか

地球であれ、お日様太陽であれ
それは今後どのように
消えて行くか
ばらばら粉々に
ちいそうなって行く
とはならず
中心へとどんどん
ちいそうなって
中心の中心へと消え入ってゆく

ブラックホールは、
特異な現象にあらず
それが標準でんがな

そう言う大局観ばもった人も
おるッ! ちゅう事でしょうか

天体がどう消えていくか
どーでもえぐない?
とも言えますが
現実に合った営みを
我営みとすれば
そりゃこころ強いッ!

そっから勇気はいっくらでも
出てこようッ!

てな、損得話しでは
ござらんけれど
まっ、これもひとつの
こころの損得話し
でござろうか、です ne










.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


世界には素晴らしい自然
文化・芸術・音楽があります
その国を訪れたり、その国の方を通して
それに出会うのは、貴重な経験です
もし、その国の方から
「日本の何か、紹介してもらえませんか?」
そう問われた時
10分坐禅会を開催するknow-howがあれば
朝夕の薄明かりの時間に行えば
その場は、あまり明瞭には見えませんので
どんな場所でも
幽玄な古寺の坐禅堂の趣です


坐禅の組み方を習得しそれを伝え
鐘を鳴らして始め、鐘を鳴らし終わる
そこには、何の技量高低もありません
だれでも、開催者になれます


それをどう感じるかは、主催者を含め
その坐禅を経験なされた方々
それぞれ本人に属する事で
他が、どうこう言えるものではありません

それゆえに、世界中の誰にでも紹介出来
それぞれが、己を発揮する貴重な場となります


鐘は仏具店で数千円で購入出来ます
それがあれば、世界中何処を旅しても
要望があれば、誰にでも
日本を代表する「世界の文化遺産」を
紹介出来るわけです
日本で、留学生の方へも紹介出来ます

世界には躍動的で
華やかな文化が多々あります

坐禅という「文化遺産」は
まったく異質な印象を受けます
10分とは言え、全く静寂な時間に佇む
己で己自身の身体を駆使する
これは、情報の嵐に麻痺した現代では
とても新鮮に映るかも知れません。



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ