FC2ブログ

記事一覧

お疲れ様ですっ!

3月12日 日曜日
如何お過ごしの事でしたでしょうか?

只今、午後三時
20℃くらいでしょうか
窓を開けてましても
エエ感じでした

三日行って一日お休み
本日は、お休みでした

介護はたいへんだ
その内容には色々あるんでしょう
その中のひとつに ・・
意識を動かさない方を
ベットから降ろしたり上げたり
とか、
パット交換で腰を浮かしたり
向きを変えたり
身体は動かんけど、感覚感情は
普通にお持ちなんで
ドンピシャビシィと決めんと
どえらい事になってまう
です

本日は、
たまってたA4レポート
一挙登載っ!
そん中でも触れましたが
こりゃ人様に対して、のみならず
自分の身体もそう取り扱わんと
そん中、心中は安心でけんッ!
ちゅう、自分身体扱い心得!
でもあるんかな~ ッ!
でした 。








20170312001.jpg


 「 お辞儀の戻り 」

20170312002.jpg


頭をちょこっと下げて、会釈する
それは、せん事はないですが
ちゃんとお辞儀する
ちゅう事は日常ではほとんどないですね


上記図は、お辞儀の後半部分
「戻るところ」 でしょか
この戻りが、垂直?へと戻るちょっと前
そこんとこを、 ing? で止める継続すると
それはちょっとかわった感じが致し候ですね



2017年3月6日










20170312003.jpg


 「 hop  ひょいと跳ぶ 」

20170312004.jpg


みずおちを伸ばすと
伸ばされし腹筋が反発求心力ば
俄然発揮なされ、腹筋がONに御成り候
上記図の赤い星印
腹筋の最下部がちゃんと固定されちょる
これが条件に成りますでしょうか

速く歩く速く走る
そこから離れ、元気に歩く
されに進めて元気に立つ
そこまで行きますともう動作じゃなく
元気チュ状態でしょうか
一歩一歩が「伸びてれば」
全身筋肉は反発求心力を目覚めさせる
元気とは、全身の筋肉がONになってる
そのような定義?も可能でしょうか


2017年3月7日









20170312005.jpg


 「 hop  跳ぶが如く 」

20170312006_201703121531580ea.jpg


歩く事は、あまりに基本動作なんで
それをどうのこうの、考察する事は
まずごじゃらんですね
よちよち四足動作から
さぁーッ立とか!歩こうか!ちゅうて
まずは学校にでも行って勉強して
資格ば取得してのち
よしィ!いざ立とうか!歩こうか!
ちゅう方は、おられるのか?どうか

時系列・時間の流れでみますと
一歩の前
その「立ち」の中に、一歩の動力が
内包されてにゃならん
それは予想されるでしょうか


2017年3月8日









20170312007.jpg


   「 step 雪山登山の足場 」

20170312008.jpg


それぞれの競技に合う
その方に合う、力を引き出す
そんなシューズは、価値ありそうですね
踏ん張れるゥ!是は大事な事かも?でしょうか
一方、数百年時代を溯っただけでも
自分で草鞋(warazi)を作って
どこまでも歩いちょった
それはそれで驚きですね

筋肉学?的には
筋肉は収縮でしか御力を出せれん
ちゅう事は別の筋肉(拮抗筋)が
反発求心力(収縮)を促しちょる
そう引っ張るから、
一方が伸ばしてるから一方は縮もうとする
と言う事でしょうか
足場が大事なんは、
端を固定して、引っ張るため伸ばすため
そうして、収縮筋力を引き出すため?
でしょうか



2017年3月9日










20170312009.jpg


 「 定 ( ジョウ)  」



20170312010.jpg


足もと?
足裏全体、あるいは下駄の花緒(hanao)に当たるところ
そこがしっかりロックされちょれば
そう 「 定 ( ジョウ) 」 なれば
上記図の背筋も伸びよう、ちゅうもんでしょうか


精神的には、いつでも
どんな状況に合っても 伸びやかに
ハツラツ元気でありたいもんです


2017年3月10日










20170312011.jpg


  「 伸び&収縮 」


20170312014.jpg

筋肉は、一方向にしか
そう、縮む方向・求心力でしか
力をお出しもうさん

しかもそれは、
真逆の「伸び」に反発して起る

遠心力が掛かった時
求心力が目覚める
そんな連動でしょうか?


stretch
なにゆえ、引き伸ばすのか?
大事な問いかも知れません




2017年3月11日









20170312012.jpg


  「 自分介護? 」


20170312013.jpg


生老病死という言葉があります
人にもよるんでしょうが
歩けなくなる、立つ事すら
おぼつかなくなる
そういった自分の身体に向き合う
その可能性は、ゼロではない  ・ ・ ?

寝返りすら出来ない
そんな場合は他の人が手を添えて
枕に頭をのせたり、姿勢を調整したり
なされるんでしょうか
見た感じチャンとおさまった!
それでこそ、その方も安心して横になれる
と言うもんでしょうか
では、人生のほとんどの時間を占める
ほぼ健康な時、自分の全身の筋肉が
ちゃんと心が休まるベットメーキングになっちょるか? 
てな問いもありでしょうか


2017年3月12日





.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

61歳です。

仙台にお越しの折は
ペットボトルのお茶なら
お出し出来るでしょうから
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 
師 中川 宗淵 老師
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生




正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/










.

最新記事