FC2ブログ

記事一覧

2016年11月29日01


お疲れ様ですっ!

11月30日 水曜日
如何お過ごしの事でしたでしょうか?

十一月も月末に成りにけり
明日はもう十二月ですね
只今朝五時
風もなく静かな朝のしじまなり
でした





2016年11月29日02







昨日は何故か
ピタゴラス先生の定理その復習
て、ワケでもなかったんですが
姿勢を正そうしましたら
やけにそのイメージが明瞭に
浮かびけり と





2016年11月29日03





すごいッ! 美しいィ!
何かを見てそう感じる
美しいのはそん見た対象?
いや、「美しい」て
自分の内面に浮かび上がったのは
「美しい」チュ
モノではないけど、ひとつの
実体・存在じゃと

こりゃ↑なんです
ルドルフ・シュタイナー先生ん本
そん中に出て来る
「ゲーテは理念を生きる事が出来た」
チュもんすか






2016年11月29日04





憶える事がいっぱい在って
それを深く咀嚼する暇はない
余裕がない
知っちょるちゅうても
試験を通過するため
条件反射?みたいに只反応する
教育プログラムがほーなっちょる

そこで鍛え上げられて来れば
ほりゃ表層の下を探るは
むしろご法度チュもんですね

当然、現象と理念が別にある
なんちゅうスキームは夢のまた夢
てな展開 さもありなんすね






2016年11月29日05






ピタゴラス先生の定理も
条件反射で それはこう言う事です
そっから一歩踏み込み
それを生きる事がでける

それを生きる? 何すかそりゃ?
ちゅうもんですね

それを生きる、と言うよりは
それは生きた理念で
そーまるで ほっといたら
地に蒔けば芽が出て来るん?
そう理念とはそれ自体 
生命活力を持っちょると





2016年11月29日06





えっ?ピタゴラス先生の定理って
そん名の通り
ピタゴラス先生が考えた事
只そう思った 彼の思考ちゃうん?

てな事↑は無いすね

彼には由来せん
自然から抜き出して来た
「定理」すか
この「定理」がクセもんですね

こりゃ何です定理ちゅうても
方程式ちゅうても機序ちゅうても
そりゃ外界に現ずる「実物経済」
「実体経済」実物・モノすか




2016年11月29日07






ピタゴラス先生の定理は
そー定理であるチュ一面と
理念チュ一面もお持ちだと

こりゃ外面内面、二面お持ち
つ事っ?

ほんま、佐々木はんは
めんどくしゃ~事
よーいわはる

もうちっと分かりよー
話せんもんかね ですね






2016年11月29日08





こりゃ何です
アラビアンナイトの時代
ある冒険家が中国まで行って
幾十年ぶり戻って来た
それを伝え聞いた王様がさっそく
そん話し聞こか ちゅうことに

王様曰く
何かワケの分からん話しやな
もっと単純に分かり易く
話せんもんかね

はっはぁーっ!ちゅう事で

中国のそれは、ここエジプトの
それのようなものでごじゃる
中国のあれは、ここエジプトの
あれのようなものでごじゃる

ふむふむ、よー分かるよー分かる
そうか中国とは
ほう言うとこかいねん
よーっ分かった!

(何が分かったんでしょ?)





2016年11月29日09




ピタゴラスの定理も
外面・内面、二面お持ちで
外的なとこは当然誰が何処で
その図を展開しても ほーなる
外的に証明でける

じゃ、内面は? ちゅうと
こりゃピタゴラスの定理ちゅうより
ピタゴラスの理念すか

こりゃ内面じゃけん
心的魂的空間内の実体すか
こりゃ心的魂的なもんじゃけん
それをトレースシミュレーション
再現再生するも当然
こちら側も、私の内面チュ
事に相成り申そうか てな具合すね





2016年11月29日10







昨日は意図したわけじゃ
ないんですが
ピタゴラス先生の理念
そうそれを外腹斜筋と前腹筋使い
トレーストレースすね


斜辺正方形が身体前腹筋
直角に扇を広げる2正方形が
左右外腹斜筋と相成る

私の内面に
その理念を再現し
その理念を
実際の身体に反映させる
チュ流れすね




2016年11月29日11





まっ考えてみれば
こりゃ真面目にスポーツ
しちょる方なら
誰でもしちょる事ですね
イメージを形成し
身体を再構築する ・ ・

ちゃうとこ? ちゅえば
運動と言うより造形?




2016年11月29日12





ピタゴラス先生の定理
ピタゴラス先生の理念が
力お持ちなんは
それを再現トレースすっと
それ自体が
まるで意志をお持ちのように
自らを開示すっとこ
でしょうか


これは再現しちょる方に
由来せん意志すか
中国拳法だったと思いますが
「借力」チュ言葉を読んだ事あり
すね
そーも言えるかしら です




2016年11月29日13






只、運動と
私がそっちだろー、チュ方面は 
かなり違うようにも
感じられ候すね

運動ちゅうよりは「造形」
それも美しい形っ!ちゅうんじゃねく
・・ing の造形すか

形成されつつある
形成しよう!
チュ意志が行使されてる
そん刹那 ing のダイナミックさ
でしょうか




2016年11月29日14






形成しよう!
チュ意志が行使される時
そりゃ内面のこっすが

そん内面が身体の外に
出にゃ~ならん!


??????
ここが私も いまいち
どう言う事ねん
まとまらんとこすね






2016年11月29日15




造形をなすチュ事は
毎度繰り返しですが
外からなさにゃ~ならん

たこ焼ひとつ作るんでも
自分がたこ焼ん中おったんでは
そりゃや火傷しちゃうがな です

レンジん前自分は立っとって
目の前にたこ焼がある
くるくるまとめる 





2016年11月29日16






背筋をしゃんと立てる
こんな事でも そん造形なすには
作者はそん身体の外に
おらんとでけん

中におってもでけん事ないですが
そりゃやせ我慢苦行チュもんすね
よーやるわ! です




2016年11月29日17






で、何故思いがまとまらん
かっちゅうと
心魂はこん身体ん中におるもんだ
ちゅう意識が半端ないんすね

こん身体を離れて我心魂が
呼吸でけるなんて想像もでけん
こりゃこん意識は半端ない

と同時に何故ほうなっちょるか
そりゃほーだわ て思いも
浮かび候すね
そうお気軽に心魂がお身体外へ
出になさったら そりゃ危ない

あなたはアホーか? 即でしょか





2016年11月29日18







威儀を正す、シャンとする
そんな単純な造形ですら
それをしようとしたら
作者は身体の外から
それを俯瞰せにゃならん
身体ん外へ出にゃならん

そして
それをなそーしちょるのは
そん意志は
心的魂的空間の実体すか

ちゅう事は何です
心的魂的空間(意志)の話しじゃけん

身体の内・外ちゅう
物理空間上の話し
しちょるわけじゃね
とも言えますね




2016年11月29日19





こりゃ心的魂的空間内で
ありゃこりゃ すんべっ!
ちゅう話しや!
意志を行使すっぺチュ話し
もっと大胆に行くべか

でしょか





2016年11月29日20






そんれに 心的魂的空間内
とは言え 身体ん外に出るんは
なんか不安すが
考えてみりゃ 物見遊山で
出て来たわけじゃあらへん
仕事しに来たんや ちゅうもんすね




2016年11月29日21





ぼやっと身体ん外へ出たら
そりゃ
あぶにゃ~あぶにゃ~ですが
身体ん外でキッチリ身体を造形する
チュ意志を行使しちょる

戦闘モードチュわけでもないですが
心的魂的空間内ゆえ
百鬼夜行に囲まれても
そりゃ易々とはそん餌食には
なるまい ちゅうもんすか




2016年11月26日79





なんやかんや思考を
進めて参りますと
造形( 坐禅 )の意義は大ありすね

漠然と造形に
励んじょるわけじゃない
心的魂的空間内の事とは言え
身体を離れても
しっかり私を保てる
保てるどころか
意志を発揮行使して
造形まででける
そんな、つっえー「私」を育成してる
ほうとも言えますか

また、ほーじゃなかったら
そんな造形いくらした処で
そりゃなん意味あるんすか?
て、ちゃかされちゃいますね




2016年11月26日77




毎度こめんどくしゃーお話し
恐縮至極なりです
でも自分には 
こりゃ反省からも
自戒せにゃーです

人であれモノであれ
外面・内面両方持っちょるんだ
それは同じ時空法則で運営されてる
わけじゃなか


ほんま家族であれ
お仕事で出会った方であれ
もっとその方の内面の声に
耳を傾ければよかった ・・

外的なとこだけ見て聞いて
そん内面へ思いをいたす
歩み寄る というやさしさが
皆無じゃった ですね







2016年11月26日78












.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

61歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 
師 中川 宗淵 老師
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生




正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/

























.

最新記事