FC2ブログ

記事一覧

DSC06188530.jpg



お疲れ様ですっ!
10月15日 土曜日
如何お過ごしの事でしたでしょうか?

ここ加計呂麻島へ参り
三か月半 生活にも慣れ
家ん中も 少しづつ片付き
チョッピっ安定した感じでしょうか
只今早朝五時 
慣れんのは、この静けさすね
 
風のざわめきはんはお元気
静かじゃない
でも圧倒的に静かなんは
その行間?でしょうか
音の行間が深いっ !




=================
=================


コントラスト ?
美的センス、中華
絵画とか音楽の教育に縁
なかったにゃ~ の自分には
コントラストを意識する
ちゅう思考スキーム
全然ないにゃ~ ですね




=================
=================



風のざわめき
その音と音の間に
静けさが組み込まれてる

これも コントラストだにゃ~

両方際立ちます
とは言え
その行間の静けさが殊に際立つ




=================
=================



奄美大島のアパート
一年おりましたが
やはりミニ都会 静けさん中に
やはり人の営みの音
してたんでしょうか


ここ加計呂麻島の静けさは
圧倒的です




=================
=================



音と音の間の
音がせんところが
圧倒的に深い

こりゃ、すっげっーこっちゃ!
なんて琴 
こちらに方にお話しした時

それが怖いと感じる
都会の方もおられるんですよ

って島の方の一言





=================
=================



なんでっ?こんなこっとに
なっちゃったんだっけ?


旅々思うんですが
敬意畏敬の念を持たにゃ~
思うだけじゃねく
全身皮膚裏から血流反射する位
身体が表現するくらい
敬意畏敬の念を持たにゃ~


あれっ?なして
こんな話しになったんだっけ ・・




=================
=================



音と音の間
その行間の静けさ
そこに人工的?人の営み?
その音がせん

風のざわめき &
その静けさがコントラストして
さらに際立つ




=================
=================



コントラストで際立つ
静けさは、
そりゃ底を予感させん深海の趣?

たしかに、深海のよーでも
ありますが
深さ暗さとも言えますでしょが
やな感じはせんね
 

なしてでしょうか ?
なんか 
やさしさが感じられる ・・




=================
=================



音に満ちた生活環境から
いきなり
これを体験すれば
そりゃ コントラスト効果で
深海に突き落とされたよー
感覚になっちゃって

こわいっ! って感覚
反射的起こるんかなぁ~ 
ですね





=================
=================



そのもんを外から見るんでなく
その門なかに入って
そのもんと、一つになって
そのもんの中でそのもんを感じる

てな表現があります


て、表現すっと小難しいですが
なんか美味しいもん食べた瞬間
さいずめ私なら冷えたビール
ごくんっ! て飲んだ時

外からそれに接してる
んじゃなく
そのもんの中に入り
そのもんの中で
そのもんの味を感じてる


そりゃ、日常の生活すか ・・





=================
=================




こわいっ! って反応する位の
圧倒的静けさ
これも外から感じるんじゃなく

その深い静けさん中に
入ってって
そのもんの中でそのもん感じる


中華
その静けさ、丸飲みして
ぱくっ! って食べちゃう
飲み込んじゃう

どんな味さん広がるか
どんな喉越しすっかなっ?


私が感じるんは
なんか、
やさしい感じやなぁ~

でしょうか




=================
=================




なんか、やさしい感じやなぁ~

こわいっ! 底知れん怖さ感じる
それっぱくっとお口んいれて
飲み込んでみっと
まったく違う味が広がる





=================
=================



一点の私
そー「ゼロ次元」すか
それでなんら問題ない
そんゼロ次元の私が 
いたずら心起こして
ちょぴっと動いてみる


点が動いて直線となる
そー「いち次元」へ飛翔すか
ほーっ おもろいもんじゃい!

それで問題ないんだけど
さらにいたずら
その直線動かしてみる
ほっ~ 面になるすか
縦横x軸y軸「二次元」平面とは
こー言うもんすか



こりゃこれでおもろいもんじゃ
それで何ら問題ないんだけど

その二次元平面
さらにいたずら心起こして
動かしてみる ・・・

これは勇気いるかも?
しよーとした時
躊躇の心 起こりますですね





=================
=================



こりゃ 吊り橋ん上から
下見たよーもん
プールの飛び込み台の
上まで上がって下
覗き込んだ時のよー


平面に高さが加わると
そりゃ少しびびるっすね




=================
=================





「二次元」平面を動かして
「三次元」空間へ行くには
ちょぴっと目つぶらにゃならん
勇気ださにゃならん




=================
=================



高さ深さ 、慣れてしまえば
こりゃこれでおもろいで! 
でしょうか

しばらくすれば
それにも慣れちゃって
普通になっちゃうかも

普通じゃ飽きるんで
さらにいたずら心起こし
そん「三次元空間」動かしてみっか

てなとこまで行くと
それは、お話しお話しっすね

で、このお話し
おちがあるわけでなく
とりとめが無いお話し



いたずら心起こして
動かそー思うと 実際着手すっと
それは新たな世界次元ちゅことに


こりゃスタート時には
こわさが付随するは
さもありなん ですね
なれん事知らん事すっぺ
ちゅうんやさかい




=================
=================




都会の雑踏から静かな離島
そこにワンコントラスト

風のざわめきと
その行間の静けさ
そこにもワンコントラスト

こうしてダブルコントラスト
で際立てば
そんりゃ こわいくらい
ちゅー反応も
根性なしっ!
って言うわけにもいかんすね
当然の反応かと





=================
=================




ほんれにしても
個人のご感想とはいえ
この、やさしさを感じる
圧倒的静けさって
なんなんでしょう
って思っちゃいます


そのやさしさは、どこに由来すんのか
その水源はどこにあるんでしょ
どっから来るんでしょ





=================
=================


佐々木君は、根性無しやさかい
それが何であれ
どこまでもやり続けるんやでっ!
てな、諸先輩諸先生の声
聞こえてきそーすが ・・・


これは、はやばや
白旗上げてもええでしょか?

私が二次元平面世界の住人なら
逆立ちしたって
高さも深さも在る三次元空間
思いもよらんすよ
中華、
平面上では逆立ちでけんし





=================
=================



圧倒的静けさ
三次元空間的にとらえれば
確かに 底知れん深み
でもそれって
耳を澄ませば、やさしさがある



こりゃもんしかして
自分の認識には上がらん
次元をプラスすれば
当たり前に広がるであろー
プラス次元の風景
その予感を感じてんかも ?
ですね ・・





=================
=================



予想予感直観チュ
当てんならん事でも
やさしさを感じる ・・
こりゃ吉兆すか
お喜ばしいこっすかね

不気味な不安
なんとの~感じる 
それとコントラストに置けば
さらに際立ちますでしょか





=================
=================




まっ、いつもん口上ですが
そんな話し
なんか意味?あるんすか?
です

まっ、どーでもええお話し
っすね
自分でこう書き進めてきて
そこで初めて思いが浮かんだ
それは、
人の話しの聞き方すか


えっ? こっから
人の話しの聞き方へ
つながるんすか ? です





=================
=================



話し方もそりゃ
内容からニュアンス語り方まで
無限のバリエーションありそう

聞き方はっ?
これも 同じよーに
あんのかも ? って




=================
=================




真面目に真摯に
耳を傾ける心を寄せる
そんな接し方もあるんでしょう



今、思い浮かびしは
こわさを感じちゃう
そんな圧倒的静けさで
人の話しに耳を傾ける






=================
=================



私の話しを今
目の前で誰かが聞いてる
(として)
私はノリっノリっで
がんがんしゃべりまくる ・・


目開けちょれば
目の前で聞いちょる
その方は目に入る

まったく聞いちょらん
是は分かりええくてええすね


聞こうとしてる
理解しよーとしてる
これも何とのー分かりまっか


この方はちゃんと耳を澄まし
そして理解しようと咀嚼し
でも、この方は
私が言わんとした事と
まったく違う地平に出て
それを見ちょる
これもありすか


こりゃ 話しが大いにかみ合って
ほして別のもん二人が食べてるっ
ちゅう楽しき宴パターンすか






=================
=================




こわさを感じちゃう
そんな圧倒的静けさで
人の話しに耳を傾ける人

じゃこれは、どんな感じに
映るでひょか ?




=================
=================




この方は私の話しを
真摯に受け止めてくれてる

それは感じる ・・
でもこの方は それを
自分の尺度・理解で
規定しよーうとの意思は
もっちょらん


理解するチュ 固定化を避け
流動すんままに受け入れちょる

この方は理解するチュ
スキームを使わず
そーお蕎麦を噛まずに食べて
喉越しの感覚楽しむように
人のお話し聞いちょる



ほっか 理解せずとも
生の感覚触感のみで
こちらが言わんとしてる所へ
アプローチかけてるんかい 

です




=================
=================




こういう話しの聞き方も
有るんかい? ですね

上下優劣正誤の問題に非ず
バリエーションのお話しすか

上下の意味はなく
次元の問題・違いともいえます





=================
=================




こわさを感じちゃう
そんな圧倒的静けさで
人の話しに耳を傾ける


こりゃ、理解してほちー
ツー方には不愉快な態度に
映るかもしれまへんね
理解しよーって気が
全然感じられへんから




=================
=================



理解して欲しい
ちゅうより
この思いをただ聞いてほしい
真摯に私に向き合ってほしい

思考スキームや事実認識
そのキャッチボール
ちゅうよりは
内面の感情? 
それを聞いてほしい
そんな会話なら まーええかも
でしょか





=================
=================




これは、演習シミュレーション
やさかい どっこまでも
仮定を積み上げる事ありすね

こわさを感じちゃう
そんな圧倒的静けさで
人の話しに耳を傾ける

これが 私がどこまでも
しゃべりまくっても
その方はその態度で変わらんかったら

そん時私は、どー感じるすかね






=================
=================




いづれ、おしゃべり疲れる
言う内容も尽きる
元気も尽きる

ほしてアレすか
こちとらが おしゃべり通し
だったけど
目の前で聞いててくれてる
その方の反応リアクションを
私の方も ずっと聞いてた

それはありですよね




=================
=================




こわさを感じちゃう
そんな圧倒的静けさで
人の話しに耳を傾ける

これを
しゃべってる方の私が
ずっと聞いてた

しゃべってたのに
聞き手の在り様が逆に
こちらにコピペされちゃった
これは、ありえるかもしれません





=================
=================




これを 脇で見ちょったら
ちょぴっと不思議光景かも

真摯に静かに聞いてるもんが
そん聞いてる間中
大声で大静寂って音・声を
相手へ発してた ・・ ちゅう




=================
=================



こわさを感じちゃう
そんな圧倒的静けさで
人の話しに耳を傾ける


相手によるし
時にもよる とはいえ
こう言う「人の話しの聞き方」も
在るかも知れまへんすね





=================
=================




生成消滅は動かしがたい事実
とはいえ
もーちょぴっと一緒におりたかった
それが あっちゅうまに消えて

はよー通り過ぎてほちい ちゅうもんが
長居しちょってなかなか消えん
こりゃ困ったこっすが
日々日常よーあるこっすか





=================
=================




圧倒的感動は、
瞬く間に行き過ぎ
やな感情思い感覚がなんぜか
へばりついちょる ・・

まっ、ずっとほんなモンっ
やわな~ すから
今さら それをどーこーしよー
とも思いまへんが ・・





=================
=================



もし、私が ・・
こわさを感じちゃう
そんな圧倒的静けさで
人の話しに耳を傾ける

そんな構え態度で
人の話しを聞こうとしたら 

とくに感情系すか
それをそー受け止めたら

その方の 
過ぎ去ってほしいチュ感情感覚が 
話すという行為を通して
お外に解放されるかもしれませんね






=================
=================


そりゃ 佐々木ちゃん
考えすぎ気のせい ちゅうもんよ
そんな事ですっきりするわけ
あらへんよ

てなもんすが
元が元、気のせい考え過ぎで
起こっちょる現象感情
ちゅえば そーすもんね
もともと根も葉もないんだけど
うっそうと茂っちょる


もともと根も葉も無いんやさかい
それが 根も葉もない
気のせいで霧散しても
不思議はごじゃらんすか






=================
=================



こわさを感じちゃう
そんな圧倒的静けさで
人の話しに耳を傾ける

そんれにこの
こわさを感じちゃう
そんな圧倒的静けさ って
そん中に内に 
やさしさを隠し持っちょる

こりゃええやっ! すね



=================
=================



やさしさを内に秘める
そんな圧倒的静けさ

それを相手のお話しを聞きながら
同時に
お話ししてる相手様も同時に体験する

そりゃ相手の心も
静けさの中へ静まって行くかも
しれまへん




=================
=================




敬意畏敬の念
どうにか呼び起こし

血流が引くことで
落差が生まれる

これは自ら創りだす
深さ静寂すか

こんな事、個人的ご趣味で
大した意味はござらんけど

それをどんどん
深みを増していけば


あの人に色々しゃべると
なんかスッキリする
心が静まる な~んて
私も少しは人の役に立つ
そんなモンになれるかも ?


まっ、楽観的展望ですが ・・





=================
=================






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

61歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 
師 中川 宗淵 老師
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生




正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/




















.

最新記事