FC2ブログ

記事一覧

2016091100024.png



お疲れ様ですっ!

9月11日 日曜日
如何お過ごしの事でしたでしょうか?

こちらも加計呂麻島
本日まで晴れ
明日以降、曇り雨
皆それぞれに趣あり、との私も
本日は貴重なる晴れの一日かと



^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^


今、取り組んでる
「 目の中を監視する業務 」
光が目の中心へと流入してるか
これをいつも監視する 。



^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^

こんな話し
いきなり聞いたら
何のこっちゃ! です 。


^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^


呼気&
恐縮敬意のような血流の戻り

この二つ連動させないと

実際私も、
どんな感じだったっけ?
と相成り候


^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^


「 目の中を監視する業務 」

これは晴れ日
やはり日の光強いほうが
感じがつかみやすい




^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^


慈雲尊者と言う方
江戸時代の方ですが
その号が「 飲光 」(onko-)
光を飲む


^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^

20代の頃から
「 飲光 」って号するって
その方はどういう心情から
それを選んだのか?でした



^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^


シュタイナー先生の言
外を見ず、目そのものを見る
このテーマも
この「 飲光 」って号に
関連あるのかしら


^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^


恐縮敬意のような血流の戻り
これまず喚起し
次に呼気の確保

目は自ずから
光は中心へと流れる
的な状態になる

これを「 飲光 」的な状態
と言えるんか?




^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^


解消する って言葉
解いて消す

契約を解消する
関係を解消する



^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^


視覚、そう光を飲む事の意義
私のグルメを満たすため
これはないな


^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^


視覚、そう光が
私の中に入り、自己を語り
語りながら
束縛から解かれて行く


^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^

目に見えんもんでも
そん中で
束縛の鎧で固められちょる
それはありかも


^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^


そういや
我心中にも目には見えんけど
未解消の記憶の黒点は
確かにある



^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^


ガチガチ閉じ込められしもん
これを解いて消す
ちゅうたら
こりゃ 
それこそガチッと腰を立て 
剣客の真剣勝負くらいの
気合いで臨まんと
なんか吹っ飛ばされそう



^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^

目の4本の水流
そこを視界・光が下り落ちる

落ちながら己を開示する語る
いい事もわりー事も
最上も最悪も


^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^


もう語る事はない
そこまで語った時が
解かれ消える時すか


^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^

解かれ消えるとこまで
お付き合いせにゃならん

こりゃ半端な構えで
できようものか です

途中で話しに巻き込まれ
こっちが
ぐじゃぐじゃになっちゃう


^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^

私が
ぐじゃぐじゃになっちゃえば
もう お話しは聞けず
相手ももう話せん
相手は解かれ消える機会を逸する



^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^

目の中を見る
こりゃ大真面目な話しすね
相手がある話しだ

相手の話しを最後の最後
そう解かれ消えるとこまで
聞き続ける



^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^

ある区切りまでは
何が何でもせにゃならん

まったく仕事と同じですね
発注受注、納品できますと
承った以上
何が何でも納品せにゃならん


^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^


視界・光の中におる
聴覚・音の中におる

感受享受の豊か世界ん中におる
それと同時に
業務任務は区切りまでしてなんぼ
つーゼロor100の
がち仕事でもある
そうも思えて来ます


^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^

なんか何も感動せん
おもろい事もない

それよりはええすか
生涯現役だし


^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^

たいへんつっても
美しい事は徹底的に
その美しさを語ってくれる

ただその時は
障害も
感じたくもないもんも
全開で自己を開示する
遠慮したいとこですが
それした日にゃ
美も沈黙しちゃう



^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^


どっちを選ぶか
真剣勝負 ガチィ腰を立て
印象を城内へ迎えいれるか


城門を閉め
只外を眺めてるか

こりゃこんな
思考進めて参りますと
選択を迫られますね



^^^^^^^^^^^^^^
^^
^^^^^^^^^^^^

城門を明ければ
敵も味方も、善人も極道も
ごったに入って来る

ただ城内に中心に集約す
十字の道、整備しときゃ
そりゃ整然と入って来るでしょうか
そして整然と消え行く



^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^


こりゃなんか
十字架をかざし
悪魔払いする神父様みたい

ありゃ身体の外ですん事
じゃねく
心中でする事なんすか
なんて思えてきますね





^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^



大上段から
4本水路ちゃんと描かれてるか
その監視の任に着く

この十字架
心中に心力で描くもの
もともと無いものを描く


気許したら
即ぐじゃぐじゃ

こりゃクセもん揃いの
ビックバンド・オーケストラ
指揮する
そんな役まわり、でしょか






^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

61歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 
師 中川 宗淵 老師
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生




正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/




























.

最新記事