FC2ブログ

記事一覧

DSC046192.jpg



お疲れ様ですっ!

8月28日 日曜日
如何お過ごしの事でしたでしょうか?

昨日は集落の公民館で
99歳になられたおばあちゃん
白寿のお祝い 41人の直系家族
一堂に集い候でした

それに集落の方も参加して
と言うように
失われた家族の結束・地域社会
垣間見て候ですね



さて、私と言えば
「父と子と精霊の名において」
これを念じると
どう自分が影響受けるか?
その実証実験、継続ですね



佐々木さんは信仰家ですか?
てなもんですが
してる本人は
剣客が立会いで
相手を冷静冷徹に見てる
そんな感じ

父と子と精霊の名において
腰をシャキィ!と立てる。

本日までの実証結果は
確かにシャキィ!と立ちます
楽ではないですが
しんどくもない
のんびり感はなく
なんか会議してて
ちょっとシビアな局面になり
厳粛に耳を傾ける
そんな時みたい


これは
離島での一人生活
それにはマッチしてるかも

自分を律するもんが
調子を合わせるもんが
ほとんど無いので
ちょうどええかも
でしょうか


都会なら色々お店行って
気がまぎれる
お出かけで緊張も出来る
てなもんですが
ここ加計呂麻島には
ジャングルと海とお空だけ

こちらも厳粛な気分でおらんと
それらと波長が合わない

晴れた日に観光で訪れれば
キレイだっ!美しいっ!
ですが ずっと見てると
原自然の風景は
厳粛そのものですね




- - - - - - - - - - - - - - - - -


そうそう
昨日の読書中、感銘の記述

私達は皮膚の中に居て
外には外界がある
皮膚の中の私が
世界を見てる

そう何気に日常してるけど
真相は
私の一部は
外界全体に広がっており
その事物達の中で息づいてる

それを感覚に反射する装置
世界を統合して
浮かび上がらせる鏡が
この身体だと


私のところへ
外界の情報が集約される
ではなく
外界にまんべんなく
散ってる私が
それらを統合して
それを映しだす鏡が
この身体だと


- - - - - - - - - - - - - - - - -


ほんま
佐々木はんはへんな本
読んどりますな
てなもんですね

そんな指摘
なんか意味あるんすか?
です

実は私も へっ~?
ほんまかいな!
なんですが
私はその思考スキームで
実相にアクセスすると
実際感受性は変わるのか?
世界は違ったように
自己を開示するのか?

その可能性には
興味津々ですね

そう,無意識で行使してる
既成概念にはあまり頓着せず
なんです


世界が違ったように
自己を開示する
これはかなりの確立で
狂気の世界の現出
てな事になりかねず
普通は挑まん事ですが


数は少なくとも
ある芸術家や音楽家達は
長い精神の格闘を経て
それを洗練させ
普通とは違う感受性を
獲得して行った
これもまた真なりです



- - - - - - - - - - - - - - - - -



外界にまんべんなく
散ってる私が
それらを統合して
それを映しだす鏡が
この身体

この思考スキームを
身に付け
感受性まで鍛錬すれば
単純に予想出来るのは

生老病死の不安
その軽減でしょうか

主観においてこの身体を
世界を映し出す
統合して映し出す鏡だと
そう
感じられるとこまで行けば
老病死も悲劇的な事象
と言うより
鏡もあんべーわるー
なって来たか
てなもんでしょうか


この鏡も大事な私では
ありますが
一方の私は世界に
まんべんなく散っていて
それぞれの視点から
それぞれの風景を見てる


身体の終末は
それらを統合する鏡の
喪失であり
それはそれで悲しい事だけど

オリンピックのダイジェスト版
見れなくなった
と言う事で
世界に散ってる私は
それぞれの場所で
それぞれの競技続けるには
変わりないと


- - - - - - - - - - - - - - - - -


これは自己意識を
身体の中に
置くのではなく
黄道獣帯
黄道十二宮の内に置く
と言う意識の衣替えですね

私は世界に
まんべんなく散ってるとは
思考スキーム的には
十二に分割された私が
12の星座が
世界を取り囲むように
内に世界を宿してる
内に私を宿してる


そう言うもんでしょうか




- - - - - - - - - - - - - - - - -


二重人格・三重人格は病的?
でしょうが
私が12に分断され
世界を取り囲むように
それぞれの視点から
それぞれの風景を見てる
としたら
それは精神分裂ではなく
まさしく精神統合でしょう


- - - - - - - - - - - - - - - - -


12の仕事を同時にこなし
12の収入源あおりなら
こりゃ一つのお仕事も
気が楽っ!ちゅうもんですね

1つの仕事1つの収入源
それではそれ無くす
ワケにもいかんし
下手も打てん


12の収入源あおりなら
一つの仕事は
12分の1の軽さなんで
頓着なく逆に伸び伸びでける
極めつつこだわらん
てなもんすか

12の視点・思考を
同時に所持するも
また然りでしょうか



- - - - - - - - - - - - - - - - -


物事を多面的に観る
これはよく聞きますが

黄道十二宮の如く
自己を12に分割し
世界を取り囲むように
そう、円周の中に
世界を見る、私を観る

観る支点から
それらは
まったく違う有り様で
自己を開示する
その12の多様性を
一目に観る

観るとは本来
そこまで洗練できる



- - - - - - - - - - - - - - - - -



はいっ!
こう言う指針
与えてくれるので
ルドルフ・シュタイナー先生
からは
一生離れられませんね 。



- - - - - - - - - - - - - - - - -

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

61歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 
師 中川 宗淵 老師
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生




正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/




















.

最新記事