FC2ブログ

記事一覧

DSC04499.jpg



お疲れ様ですっ!

8月17日 水曜日
如何お過ごしの事でしたでしょうか?

お盆休み・夏休みも過ぎ
さーっ今年も後半戦
けっぱッて行きまっか! すね


さてっ、
昨日前稿も長々ダラダラ
書きしたため、候でした

でも書き終わった時
晴れ晴れとした気分に
相成り候ですね

よっしゃ!
みんなでうっみゃーーー
お寿司でも食べ行こう!
の乗りです

まっ
誘う相手も
行くお寿司屋さんもないんで
思いにとどめ
出費はかからずで 
それはそれで 
まっええかっ! すね


なしてそんな
うれしかったか?

無言なる静寂
そん中には、


「 おかしがたい
  業務遂行中の真摯な姿
  それが持つ静寂   」


そー言う静寂もあるんだ
そー文章化できたから、すね


普段感じてる事・思う事
それをすべて文章化でけるか
つーとそれは不可すね


坐禅してても
何も奇特な事はない
静寂あるのみ

これは感じてた


仕事中も仕事を離れても
誰かがその今の仕事に
真剣真摯に向き合ってる
それは軽く声かけられん
厳粛なる静寂さだ

これも感じてはいた



でも 
その二つが繋がったのは
自分が書いてた
前稿の作文中すね



誰かが今の仕事に
真剣真摯に向き合ってる
そのおかしがたい空気
そう言う静寂もあるんか

これは小学生の頃
夜、庭に出て見上げた
オリオンの三ツ星
その静寂さと同じだったんか
すね
つーのはなんです
書き終わってから
子供の頃よく見上げてた
オリオンの三ツ星
それが脳裏に去来致し候で


あのオリオンの
三ツ星の静寂さは
決して
止まった、出来上がった
完成品の静寂さじゃない

今、神霊の意を受け
美しき造形、形つくらんと
真摯に業務遂行中の
そのおかしがたい静寂
だったんだと

ほんして私はそれを
ずっと見失う事は
実はなかったんだと

様々な場所で出会う
その仕事に取り込む
真摯な姿ん中に
あのオリオンの
三ツ星の姿
実は見てたんだ ・・・

これは
作文にあらず 実感すね 


坐してる時も
椅子の腰掛けてる時も
なんかビィシッと坐る
ちゃんとしたスタイル
自分はまだ確立してないなーー

ほーか
坐してる時も
椅子の腰掛けてる時も
飛行機でも新幹線でも
どー坐ればええのか

目の前に
真摯に業務に取り組む
おかしがたい人の姿
記憶の中から
引き出せばええ


はいっ!
これは私にとっちゃ
大っ大っ発見すね
そー如何に自分を律するかの
方程式すね 。

真摯に業務遂行中の姿は
ほんま、おかしがたいもんが
あります
僧院の奥にも
神聖なる空気あるんでしょうが
これは現実日常に紛れ込んだ
神聖さ真理 でしょうか

「おかしがたい静寂」
これまで一杯見て来たし
目をこらせば
いつでも
そこら中に見いだせる

はいっ!手本に
事欠かなくてもええ!

こりゃ私みたいに一人
探究の旅続けるもんには
ほんま、灯明でごわすですね 。










.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

61歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 
師 中川 宗淵 老師
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生




正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/

























.

最新記事