FC2ブログ

記事一覧

DSC04358 (2)




お疲れ様ですっ!

8月2日 火曜日
如何お過ごしの事でしたでしょうか?

昨日は、夕刻五時頃
加計呂麻島の
お家に戻り候

大島海峡を挟み
奄美大島と加計呂麻島
目と鼻の先 ・・
なんですが

フェリーに20分
乗っただけで
まったく異質な空気
風景世界すね


こりゃ何んすかね
です

名瀬のアパートの
隣の自動車整備会社の
社長はん
おっしゃってましたが

この加計呂麻島の
さらに離島
請島(うけじま)与路島(よろじま)
に仕事で行った時の事

上陸して
人の気配せん お店ない
飲食店ない ・・
即っ!
もーーこんなとこ
はやいとこ仕事済まし

はよっ! 帰ろっーー!
そう感じたと


そー
人の気配せん
超不便、何もない
↑こりゃ
もーーっ直感的に
伝わる

ひしひし・ビシバシと
分かり候すね

こりゃ
レポートせし
ルドルフ・シュタイナーの
「破壊のかまど」
ほれの感覚でもある
かもしれません

内面の奥に
あるには在るが
意識しちょらん
知らんぷり
決め込んでます

そりゃ
それは直面すっと 
恐怖
根源的恐怖
呼び覚ますから ・・

根源的恐怖には
徹頭徹尾
知らんぷり決め込む

こりゃーー、確かに
「一手」すね

物の上っつらを追い
その意味
ダイレクトに感じる
感覚・感情
それをカットする

見る知る感じる手間省いて
自然法則いじくり回す
この唯物論・自然科学的
アプローチ

確かに
根源的恐怖を忘れ
させてくれる

つ点では
起こるべきして
起きた、流行った
支持された

理解でけますね

ルドルフ・シュタイナー先生の
指導は、 ・・

根源的恐怖に会う時の感覚
それを他動的に恐怖ル
んじゃなく

先に自ら
「薄氷の上、歩むが如し」
とか
「すごいっ!方だっ!」
とか
そんな畏敬の念で

他動的じゃなく
こちらから
根源的恐怖に
会う時の感覚
自ら作っちゃおーーー


これが
シュタイナー先生の
ご指導なされしとこ
でしょうか

まったく同じ
心魂・身体の反応が
「そーされちゃう」
それと
「自らそーーなす」

これで天地懸隔の差
っとなる

まっ↑ 
このよーな言、聞いて
すっげーーー事
おっしゃってる
そー感じる私なんで

結局、運命が
私をここ加計呂麻島へ
運んで来るんすかね .









.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

61歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 
師 中川 宗淵 老師
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生




正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/

















.

最新記事